2018年11月28日

11月28日の記事




11.27(火)


夜更かしをして睡眠時間が短かったのにスッキリとした目覚めだった。サウナの効果なのかも知れない。寒い季節のサウナはいい。冬は嫌いだが、サウナは冬がはまるし、整いやすい。


菊地成孔の粋な夜電波、韓流最終最高会議をタイムフリーで聴く。夜電波がなくなって1番困るのはこういうコンテンツがなくなる事だ。いい音楽は自分でまだなんとか探せるが、自分の守備範囲にない異文化に(楽しく深く)触れ合う事が少なくなりそうだ。今後は自分で渡航してディグするしかなさそうなので、しっかり勉強してしっかり稼がないといけない。






いつも通り労働をこなして風呂だけは済ませてライブのため和歌山市に向かう。天気予報も見ないのでよくわからないが、この日は朝からやたらと暑かった。ここに来てまだこんな気温になるのだから、2018年は本当に気候がめちゃくちゃな一年だ。

渋滞もなくスムースにオールドタイムに到着して軽くリハーサルをすませる。リハをしていたがすでに開場時間でもあったのでお客さんも集まりだし、すぐに開演した。

まずはカガリバンドakaかがりちゃんの出番。セプテンバーの日本語カバーがステキな仕上がりで真似したいと思った。オリジナルとカバー曲にルーツミュージックの匂いがするので、とても好みだし、和歌山にはあまりいないタイプかも知れない。人柄も気さくで、僕のような人間にも気軽に話しかけてくれて話しやすい良い娘さんでおます。






続いて久野貴文さん。クラシックギターとアコースティックギターの二刀流でトムジョビンからクラシックや即興のブルース、ジャズスタンダード、エリックサティまで流暢なソロギター演奏を聴かせてくれた。ギター演奏の技量が半端ない。濱口祐自のカバーまでもレパートリーにしているギターマニアっぽくて将来が恐ろしい青年でした。


そして私スギーリトルバードの出番。流暢なギター演奏の後でブルってしまい、全体的に固い演奏だったかも知れない。最近やり始めたカバー曲も上手くいかなかったし、反省点の多いステージでした。だけれど、温かいお客さんばかりで、割と歓迎されているかと思えたので、本当にありがたいです。聴いてくれてどうもありがとうございました。もっと精進します。

次回ライブは12.1(土) 、和歌山市の音家松林商店にて素晴らしいシンガー島崎智子さんの前座を務めます。残席僅かとの事なので、迷っている方はお早めの予約を勧めます。どうぞよろしく。



「島崎智子ワンマンライブ」

会場:音家松林商店
日時 : 12月1日 土曜日
時間:開演20時
料金:前売り2000円 / 当日2500円(D代別)

オープニング・アクト
スギーリトルバード

http://otoya39oldrookie.ikora.tv/


同じカテゴリー(日記)の記事画像
12月8日の記事
12月2日の記事
11月30日の記事
11月27日の記事
11月25日の記事
11月24日の記事
同じカテゴリー(日記)の記事
 12月12日の記事 (2018-12-12 20:25)
 12月10日の記事 (2018-12-10 12:31)
 12月8日の記事 (2018-12-08 01:18)
 12月7日の記事 (2018-12-07 02:15)
 12月5日の記事 (2018-12-05 19:24)
 12月3日の記事 (2018-12-03 20:35)

Posted by スギーリトルバード at 01:06│Comments(0)日記
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。