2018年05月02日

そんな私もギブソンオーナー



ギブソン倒産にざわめいてるのがアラ40以上のおっさんばかりでどうしようもないな、と思うスギーリトルバードです。

(ロック最高)おっさんがズレてるだけで、若い子はマイク持てばいいし、機材はパソコンとMPC買えば大丈夫だよ。今時ギターなんかダサいやん。やりたいなら知らんけど。

ブログ「西瓜糖の日々の泡」へようこそ。
最後までリラックスしてお楽しみ下さい。





5月です。

なので恒例のAmazon musicで作成したプレイリストを盟友に今月も華麗に送りつけました。

その友人のblog
http://www.sotoblog.com/



ある程度の縛りがある方が個人的には選曲しやすいので勝手にテーマを設けており、先月は「女たち」と題して女性アーティストばかりで選曲しました。

とくれば「男たち」もやらねばと思い、今回は男性アーティスト特集。

題して


「BOYS ON THE RUN - ぼくたち男の子 -」

https://music.amazon.co.jp/user-playlists/a93d8b04ae514df89f83b4819f7b4a94jajp?ref=dm_sh_cba5-321d-dmcp-657b-dc0af&musicTerritory=JP&marketplaceId=A1VC38T7YXB528



男性というよりも「ザ・男の子!」という印象があるグループや楽曲をテーマに選曲。

プレイリストを見ればおじさんもかなりいるのがわかりますが、名作「シング・ストリート 未来へのうた」みたいな青春の雰囲気がある、もしくは、今もなお残っている、というイメージです。

そんなことは絶対にないだろうけど、プロ意識とか無視して「バンド楽しい!!」とか言ってそうな感じ。

まあでも、プロでもアマでもいい年こいてまだ音楽続けてる人間なんてガキくさい奴ばっかりやし、少年性とか青春なんていうのもある種の呪いみたいなもんですけどね。


それと今回は邦楽縛りでもあって、テーマを決めた段階でバーっとリストアップしたんですが、その時点で7割ほど邦楽アーティストだったので、二重に縛りはあるものの良い流れだったし、このまま進めようと思った次第。

ただ最新邦楽事情に疎いので若干の古さがあるのはご愛嬌。笑って許して欲しい。

本当はもっとビンビンの新人を入れたかったが、わからんもんはわからんので仕方がない。洋楽でもよくんからんけど。

結局ぼくは賢者ぶりたいだけで、知ったかぶりの愚か者ですよ。


こんな風に自己嫌悪に走ると調子が悪い証拠ですが、とにかく音楽(プレイリスト)は今月も最高のものを用意できたと思います。

連休の行楽のお供にしてもらえると嬉しいです!!チェックしてください!



Posted by スギーリトルバード at 20:01│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。