2018年04月27日

和歌山市西浜のセシルテイラー




Netflixに加入したために睡眠時間が削られているスギーリトルバードです。

瀕死の双六問屋。

ブログ「西瓜糖の日々の泡」へようこそ。
リラックスして最後までお楽しみ下さい。





Netflixでは「デビルマン crybaby」と「ゲットダウン」を今は主に見ていて、映画やドラマはリストアップしてるだけで満足した。(あんなけあったら追っつくかい!)

そして、今期の地上波放送のテレビドラマは
朝ドラ「半分、青い」
「コンフィデンスマン」
「あなたには帰る家がある」

アニメは
「ゴールデンカムイ」
「ひそねとまそたん」

が好感触。毎シーズン、1話をほぼ全て見るため季節の変わり目は疲弊する。瀕死の双六問屋。


「コンフィデンスマン」は後出しジャンケン的な脚本にガーガー言いたいけど、あのキャラの長澤まさみを楽しむものなので無問題だけど、東出君はキャストミス。あの手の犬キャラは菅田将暉に任すべき。


あかん。
脇道それた。

軌道修正。




この様にテレビの視聴が生活の主軸としている私ですが、その合間に音楽をしていて、その活動の1つ、オーセンティックスカバンド Ska-ing Westの練習に参加してきた。

ソロになり、1人で演奏する楽しさや快感や求めるもの足りないもの、その他諸々の事が徐々にわかってきたつもりだけれど、やはりバンドアンサンブルは楽しい。

本当の本当に合奏に勝るものはないかも知れない。
少しの嫌な気持ちや憂鬱なんか、せーので演奏しはじめた瞬間になくなり、最後のシンバルが鳴り終わ わる頃には霧も晴れますよ。


インストゥメンタル曲ばかりやるバンドというのも初めてで新鮮。

個人的には2・3年ぶり位のバンド編成でのライブが控えていて、今から緊張で手が震える。





ライブは4/30(月)のかみふれあい公園で。

11:00〜の出演を予定しております。

豪華な対バンもDJも楽しそうなので、あなたのGWの良いキックオフになれば幸いです。

イベント当日は、駐車場など大変な混雑が予想されるそうです。お車でお越しの方はご注意ください。

https://ganelanka.jimdo.com/
  


Posted by スギーリトルバード at 12:42Comments(0)日記

2018年04月23日

和歌山魔法的音楽珍道中



「POPEYE 映画とドーナツ」をトリのジャズユニットのライブ中にじっくりと読み込んで「何て素晴らしい特集なんだろう」とうっとりしていたスギーリトルバードです。

ガットギターと真っ白なウッドベースを曲ごとに持ち替えながら弾く80年代のビートパンクバンドにいそうなオールバック前髪チョロチョロ系の人の超長いMCが曲ごとに入ってたし、演奏曲もスタンダードだったりチックコリアとかやってて一曲一曲が長い上にライブ自体も90分くらいやってたんだもん。ただ客がたくさんたくさんいて凄い人気やった。

でも、(たぶん去年もいた)この前髪チョロチョロおじさんは、他人の演奏中に驚くべきボリュームで客と喋るから音楽に関わる人間としてまったくリスペクトできないので羨ましくもなんともない。


ブログ「西瓜糖の日々の泡」へようこそ。

本日も最後までリラックスしてお楽しみ下さい。





わかやまマジカルミュージックツアー、HERONでのライブが終了しました。

ありがとうございました。

たくさんある会場から僕の出演時間にHERONにいてくれた方には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

たまたま居合わせただけの人もいただろうけど、会場を去る人もそんなにいなくて、じっくり聞いてもらえて嬉しかった。

構造上仕方がないことだけど、ライブサーキットは「お目当てのアーティストの時にしか客がいない」というのが露骨で厳しい世界。





先週からの風邪がなかなか治らなかったし、喉の調子がイマイチでライブ前は本当に不安だった。

前日に人生の後輩と会うちょっとした用事があり、しかも急に連絡したのにポンと「いいですよー」とフットワークが軽く簡単に遊んでくれるもんだから嬉しくなって、そのまま夜中まで音楽や映画の話、相談したりして、さらに調子にのり悪態をついたり愚痴をこぼしたりと色々と話し込んでしまった。(店の中であんなにわめきちらして、そのうち誰かにしばかれそうだな。)

なので睡眠不足で体調がもちろん完全回復はせず、先週ライブをトバしたくせになんの反省もしていなくて恥ずかしい。本当に頭が悪くて自分が嫌になる。

だけれど、上田正樹的なハスキーボイスで自分では「セクシーだな」と思っていましたが、実際はどうだったんでしょうか。

終わってしまったので今更どうしようもないけども、会場はそれなりに盛り上がっていたので前向きに受け止めようと思います。

何人かには直接に褒めてもらえたしね。





次回ライブは、4.30(月)。

スカバンド Ska-ing Westのメンバーとして、紀美野町?のかみふれあい公園での「ガネらんかバザール」というフリーマーケットなどのイベントで演奏します。

無料ですので、お近くの方も遠方の方も是非。

ソロは7月までブッキングがありません。
だれか誘っておくれやす。(切実)  


Posted by スギーリトルバード at 12:33Comments(0)日記

2018年04月15日

お詫び

スギーリトルバードです。


31日の音家松林商店でのライブ、発熱による体調不良のために出演できませんでした。

SNSによるアナウンスはさせてもらいましたが、ブログの更新が遅れてしまいました。


来場予定されていた方、関係者、お店、出演者のみなさんにご迷惑をおかけしたことを謝ります。

本当にすいませんでした。


体調管理も良いライブをするための1つの要素です。

今後、こういうことがないようにしていきたいです。


次回ライブは4.22(日) 和歌山市駅前HERONです。

体調万全で臨みたいです!  


Posted by スギーリトルバード at 15:22Comments(0)日記

2018年04月10日

世界はときどき美しい



例えば電車やバス、その他の場所でもトイレが確実にないとわかった場所にいると、もよおしてもよおして仕方のないスギーリトルバードです。

200%の打率。
一回の乗車でで2回いくからね。
なんとか神経症?っていうやつかね。

ブログ「西瓜糖の日々の泡」へようこそ。

本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。





エイジフェスティバル終了。
ありがとうございました。

脂っこいメンツが集まり、トップのお寿司のともみちゃんからトリのメトロロまで、ずっと最高の時間が続いた。

主役のエイジさんはじめ、(大きく)同世代のクセのある人間しかいなかった。

メトロロけんた君曰く「和歌山ミュージックシーンの影のスペシャリスト」の集まり。

(どこが光なんだ?というツッコミが聞こえてきそう。まあンダ君とかコーヒーあたりかな。それ言うとメトロロもだいぶ光側やと思うけど…。そうか。このメンツにはロックがいないな。ロックとヒップホップは光で、それ以外は影やな。うんうん。なるほど。うまいこと言うたもんやで。)



とにかくMCでも言いましたが、来年もう一度この濃ゆいメンツで集まり、松林商店をソールドアウトさせましょう。

俺達の存在証明と承認欲求を満たすために!!

俺だって人気者になりたいし、物販が売れたりしたい!!






「いつもと違うスタイル」のネタバラシ。

それは「エレキギターを使用」

さらに足元にエフェクターボードまで用意。

ノイズだアンビエントだ、などとほざいてギャンギャン、ピュンピュンやっておもろかった。

手応えも反応もあったので、定期的に挟んでいこうと思う。

いつもと違うことをやると、普段のアコギ弾き語りも新鮮やし、足りないところもわかる。

いろんな角度で物事は見ないといけないからねぇ。

世の中は多様性を謳いながら自分が正しいと思い込んで片面だけ見てるバカばっかりだ。






次回ライブはまたしても音家松林商店。

4.14(土)

ウクレレ奏者ばかり11組のウクレレサミット。

こちらも楽しみです!!
  


Posted by スギーリトルバード at 12:26Comments(0)日記

2018年04月04日

四月は君の嘘



テキトーに選んで映画を観たらジェイク・ギレンホールが主演2連発。その夜、悪夢を見てうなされたスギーリトルバードです。

今まで色々見た中なら「ナイトクローラー」が1番好き!

ブログ「西瓜糖の日々の泡」へようこそ。

本日も最後までリラックスしてお楽しみ下さい。





ちょこちょことマクラで日頃の鬱憤をぶちまけていたのだけれど、ある日ふっと憑き物が落ちたかのように晴れやかな気持ちになったので悪口や似皮肉を書きたくなくなった。


賢者ぶって民を馬鹿にしてくるアホウどもにも、お洒落したいだけの薄っぺらい田舎者にも、音楽大好きアピールだけのもどきにも、ヤクザと付き合うと自分も強くなったと勘違いして偉そうにしてくるバカにも、いい年こいてアーティストごっこしてる奴にも、右側でも左側でも人の事をクソミソに言うだけでネット論客ぶってる奴らにも、寛大な心でいられる。





おそらく今月は忙しいからであろう。

なにしろライブが毎週ある。
(私にとっては珍しいし、ありがたい)


4/8(日)エイジ誕生祭@音家松林商店

4/14(土)ウクレレサミット@音家松林商店

4/22(日)わかやまマジカル@ device space HERON

以上、ソロで3本。


4/29(月) ガネらんかバザール@のかみふれあい公園

はSka-ing Westでの出演。





なので、音楽の事ばかり考えている。

慣れないウクレレと鍵盤を弾くライブがあるし、とにかく楽器の練習をしないといけない義務感と圧力がある。

わかやまマジカルは時間をたくさんもらったのでたくさんの曲を演奏できる。が、その分練習せなあかん。




しかし、私は暇よりも忙しい方が好き。

さらに、やる事があるので飲酒量も減る。

暇で時間の有り余ってる時には、酒ばかり飲んで練習をサボるし、酔った状態でネットばかり見て、くだらない事ばかり考えて鬱々したりカリカリしたりする。

気をつけないと「安倍晋三を国外に追放してやるー!!日本に二度と入らせないぞー!!うぉー!!」とか風呂場で叫んだりしてしまうからね。



とにかく素面の時間が長いので心も平穏である。

おまけに最近は車移動の問題でノンアルコールでライブもしてるし、打ち上げ的な時間もノンアルコールビールで過ごせるようになった。

真人間になれたみたいで嬉しい日々である。

だけれども、8日はエイジさんの誕生日パーティーなので飲酒の予定。

俺は祝い事なのに、すかしてる奴が嫌いだ。

みんなで騒ぎましょう。

詳細は画像でチェックしてください。


  


Posted by スギーリトルバード at 12:29Comments(0)日記

2018年04月03日

花も / 嵐も



先日のUTAGE!というテレビ番組に出演していた島津亜矢をたまたま見て、恐ろしく歌がうまいな、とうなったスギーリトルバードです。

日本で歌が1番うまい。

ブログ「西瓜糖の日々の泡」へようこそ。

本日も最後までリラックスしてお楽しみ下さい。




Amazonプライム会員なら無料で楽しめるAmazon musicでプレイリストを作成しました。


以前、ブログ記事に書いた事がありますが、初めましての方に説明をすると、友人であるDJ sakai君と僕は2018年より月1の割合でプレイリストの送りあいaka音楽往復書簡をしております。というよりも僕が一方的に送りつけている。

僕はsakai君にターゲットを絞り、彼が喜ぶような選曲をしておりますが、完成する毎に

「思いのほか万人ウケするのでは?」

という気持ちになり、

当ブログの読者であり、かつAmazonプライム会員でもあるあなたにも聞いてもらうために、プレイリストのURLを先月から貼り付けています。

行楽やドライブ、珈琲のお供、様々なシチュエーションに対応すると思います。

4月は「女たち -SOME GIRLS-」と題しまして、女性ヴォーカルばかりで選曲しました。


以下からアクセスして下さい。

https://music.amazon.co.jp/user-playlists/b8514939ad3444ef990ac3efd04b6033jajp?ref=dm_sh_9529-7b98-dmcp-b122-fd0b9&musicTerritory=JP&marketplaceId=A1VC38T7YXB528



ごちゃごちゃ書きましたが、要は僕こういうの本当に好きなのです。

子供の頃から今でも、好きな曲をカセットやMDやCD‐Rにつめて遊んできました。


とりあえず2018年、一年間毎月更新していこうと思ってます!!  


Posted by スギーリトルバード at 06:43Comments(0)日記

2018年04月01日

外は春の雨が降って / 僕は部屋で一人ぼっち




「音楽に飢えている」という意味のクルーネームをつけたDJチームなのに、仲間内の出番と友達のバンド以外は外へ飲みに行くor喫煙スペースにいるミュージックジャンキーことスギーリトルバードです。


有名なミュージシャンを自主企画に呼んだ、という時点でイベントはもう大成功!のブログ「西瓜糖の日々の泡」へようこそ。

本日も最後までリラックスしてお楽しみください。





音家松林商店でのライブ終了しました。
お越しのみなさまありがとうございました。

お誘いのメールやSNSでの告知をガン無視されたり、断られたりして落ち込んでいましたが、対バンの方のおかげで客席は埋まっておりました。

情けないやらありがたいやらの気持ちで精一杯演奏しました。

下手くそなハーモニカも少しずつマシになってきております。

まだやれるはずや。





来週も音家松林商店です。

和歌山に春を告げる天使、エイジさんの誕生祭です。

揃いそうで中々揃わない和歌山のベストメンバー揃ってますので是非。





  


Posted by スギーリトルバード at 08:29Comments(0)日記