2018年01月23日

ジンバランの竹光侍



テレビを見ながら酒を飲んでいたら、東京の餃子屋さんが「餃子一人前(6個)1100円」「ビール中瓶690円」と紹介されてたんやけど、首都の物価ばりくそエグいやんけ。それはそれとして、庶民の食べ物(価格帯が300〜5・600円)が無意味に高価に売られているのと、それをありがたがって食べているタレントを見るとムカついてムカついて仕方がないスギーリトルバードです。

割烹のお茶漬け(2500円)とか、1500円のカレーライスとか、800円で細長いグラスに少しのビールとか、うどんが1000円とか、原子力発電所とかは、この世から無くなってもこちらとしては、なんの問題もないです。


金持ち憎し、アベ憎しのブログ「西瓜糖の日々の泡」へようこそ。

本日も最後までリラックスしてお楽しみ下さい。





来月2月10日(土)にライブがあります。
(2月のライブ予定は今のところこの1本のみ。ブッキング下さい。)


本当の意味で名実ともに田辺市を代表するミュージシャン、メトロロとのツーマン。(ちゅうか正味の話、和歌山県内で1番ええ音楽よね。)


僕は、客としても出演者としても、ツーマンが1番好きなライブの形態だ。

客としては、ウニいくら丼というか、昼飯が寿司で晩飯がサーロインステーキみたいなもんで、好きなミュージシャンの組み合わせなら倍嬉しいし楽しい。

片方が全然知らなくても新しい発見なら、それも楽しい。断言はできないけど、好きな人の好きなものはきっと良い。


出演者としては、もろに対決で燃えるし、持ち時間的にも、自分も相手も普段ならやらない(やれない)曲が聴けたり演れたりする。

僕がいつも出ているような4・5組で各30分程度の持ち時間のライブだと、チャレンジやイメージと違った面を出すのが少し難しい様に感じている。他の人は知らんが、僕は色々なタイプ・ジャンルの曲をやる方なので特に思う。

30分だと似たりよったりのセットリストになってしまう。

このあいだの那智勝浦みたいに3組で40分の持ち時間くらいもいいけどね。




バンドをやっていた頃の自主企画も、初回から一貫して自分達が出会った好きなバンドとのツーマンにしていた。対バンなどで知ったり、仲良くなったステキなバンドを見つけては地元に呼んでいたのだ。

好きなバンドの好きな音楽を聞けるんやから、企画する自分達も楽しいし、ライブに来た人も新しい音楽を知る可能性もあっていいよね。お客さんには熱心な音楽ファンも少しいたけど、大半は友達や知り合いだったし。

(僕らが呼んだわけやないけど、実際に2017年を騒がせた台風クラブだって御坊に来たんだよ。僕だって御坊に来るまで全然知らなかった。)


いい音楽は広く聞かれるべきだと思うし、いい音楽を広めるのもミュージシャンのある種の使命でもあると僕は考えている。カバー曲もDJもラジオ番組だって、そういう事だ。

ついでに書かせてもらうと、どんなライブでも転換時間にDJをつけるべき。





ワンマンライブはミュージシャンとしての憧れや目標としてあるし、ありがたいことにバンドで2度ほどやらしてもろた。

どちらも楽しかったし忘れがたい経験やったけども、僕はソロのワンマンは自信と技術と集客力が全くないのでやるつもりはありませんが、ツーマンのライブはドシドシやりたい。(また自主企画もやろうかな。)


まずは、2月10日(土)のメトロロとのツーマンに是非来てください。


  


Posted by スギーリトルバード at 20:00Comments(2)日記

2018年01月18日

天神町のギター侍




言ってる事は正しいし、間違ってもいないと思う。その意見に賛同もできるけど、何だかムカムカしてくるのはどうしてなんだろう?スギーリトルバードです。

うっとおしいの代名詞こと「西瓜糖の日々の泡」ブログをご覧の皆様、いかがお過ごしてしょうか?

お気に入りのリカーと共に最後までリラックスしてお楽しみ下さい。私は先日の那智勝浦への道中、橋杭岩の道の駅で手に入れた「太平洋」という日本酒をいただきます。




昨年末の休暇は大晦日まで妻の郷に帰省していた。4日間毎日毎日ええもん飲ませてもろて、ええ肉やら鍋やら食べさせてもろて、さらには温泉にもつかったりさせてもろて、お義父さんとお義母さんに足むけて寝れません。ほんまのとこ。

毎日毎日ゴロゴロしてたら、半年かけて少しずつ減らした体重があっという間に元に戻り、それから元の体重より2kg増えた。正月太りの天才と呼んでほしい。5月の連休までに元に戻さないとまたさらに増えるだけの魔の連鎖がはじまってまうし、腰痛のためにも若作りのためにも痩せたい。切実。切迫。





温泉に行くための外出のついでに恒例のボルゾイレコードに顔を出したり、初めて行く邯鄲堂という古本屋やハードオフを物色したりして色々ええもん買おた。

妻の郷のハードオフは、楽器の品揃えがとても豊富。おそらく楽器に詳しい店員がいて、その分掘り出し物はない(むしろ高い。というか楽器屋平均の値がついている。)が、毎度の帰省の楽しみではある。

アリア製のマカフェリタイプのギターがあったので試奏させてもらおうか悩んでいると、僕の隣に顔つきも服装も北の国からの田中邦衛みたいなおじさんが立った。

そしてマカフェリの隣にあるギブソン、スーパージャンボ(25万円)をじっと見て、それから店員を呼び試奏を頼んだ。

何気なしに試奏の様子を眺めていたら、チューニングをしてGのコードをジャカジャンと3回ほどストロークすると「これ、買うわ」と店員に手渡した。

「マジかいや!」と思わず声に出てしまった僕と店員は目が合った。店員の表情も僕とほとんど同じだった。

そして「これも気になるから試させて。」とギブソンJ45を指差し、またしてもストロークをジャカジャカと3回ほどの試奏をして「これは音が若いな」と言いながら「でも欲しいな。18万か。どうしようかな…。」と独り言を言い、少しだけ思案した後で「今日は1本でええわいや。お兄ちゃん、勘定してやー。」とレジに向かった。

25万円のギターをあれだけの試奏で買う胆力、判断力、そしてあわよくばもう一本、という財力、さっそうとレジに現金を叩きつける力強さ。見た目に反して物凄いギターの達人かやり手の音楽家だったかも知れん。

(那智勝浦の奇跡、濱口さんもパッと見た感じは少しアレで、ステージ以外で何回か会った事があるけどギターを弾いていないと本当にアレな感じが物凄いからな。濱口さんだけじゃなくて中年ミュージシャン全般に言えるけど。)


しかし、久しぶりに外に出るといいものを見てお腹いっぱいになれるなぁ。スマホを捨てよ、街に出よう。

駅裏の不発弾騒ぎもむちゃ近くを通りかかってたしな。ありゃ驚いた。  


Posted by スギーリトルバード at 12:25Comments(0)日記

2018年01月15日

溺れかけのナイフ / 暮らしは音へ



ライブの前日の土曜日、労働中にぎっくり腰のような猛烈な腰の痛みに襲われ、実は危うくイベントに穴を空けてしまいそうだったスギーリトルバードです。

腰に電気が走った瞬間になんの迷いもなく速攻でタイムカードを押して退社。土曜なので整骨院などは全滅。仕方がないので自己流の応急処置しかなかった。

患部を氷嚢で冷却。容赦なく冷却。そして非常時用のロキソニンの湿布薬。あとはひたすら眠る。それで明け方には痛みがかなりひいたので、無事ライブには行けました。

もうすっかり慣れたものだけれど、気をつけないと。

当ブログ「西瓜糖の日々の泡」をご覧の皆様もどうかお身体はご自愛ください。そして本日も最後までリラックスしてお楽しみください。




カフェ アマアイでのライブが終了しました。
お越しのみなさん、ありがとうございました。

「くらしは音へ 〜迎春〜」

主催者やスタッフ陣の気持ちのこもった、とても居心地のいいイベントで最高だった。

お店に到着して、リハーサルを終えた時点で「良い予感」はビンビンに感じていて、そのバイブスは最後までずっと続いた。




僕は一番手。

最初からお客さんがたくさん入っていて、しかも皆さんがあたたかいので調子に乗って良い演奏ができたと思う。トップバッターの役目は果たせたはず。

子供がたくさんでワイワイ楽しかった。

僕も妻の雑貨の出店があったので一緒に娘を連れて行けたし。(不安やったけど。)

そういえば妻の雑貨や絵も多少売れたようで、有り難いことです。




続いて大阪からたけだあすかさん、最後はメインのかみぬまゆうたろうさん、お二人ともそれぞれ素敵過ぎる音楽だった。

僕の「良いライブが出来た!」という思いはたけださん、かみぬまさんと進むごとに打ち砕かれ、段々と情けなくて悔しくて心で泣いた。本物のミュージシャンはやっぱり一味ちゃうわ。

帰りに「このまま那智勝浦の漁港へ車ごと飛び込んだろか!」と思ったけど、なんとか思い止まったので、腐らずに明日からは再び練習に励んでもっと精進しようと思う。





冗談はさておき、本当に良いイベントで誘ってもらえて、このラインナップに組み込んでもらえて本当に光栄でした。かみぬまゆうたろうさんも、たけだあすかさんも、もう一度どこかで共演したいし、それまでもっと自分と明日を信じて頑張らなあかん。


ほんで、南和歌山の音楽シーンの人達はやっぱりヤバい。イベント名の通り、自分達の町を愛した豊かな暮らしをしてるんやろうな。

「和歌山、何もないしー」とか言うてるアホどもに見習って欲しい。楽しいことはその辺にいくらでもあるし、自分たちで作りあげていくもんやぞ。

とにかく、長く続くイベントであって欲しいですね。ほんで今後ともからんでいきたい。ガッツリ飲んでもみたいしね。

そういえば、今回はアマアイの居心地が良過ぎでずっとお店にいて、那智勝浦散策してないぞ。そういえば妻とたけださんは足湯に行ってたな。

やはりもう一度行かねばならぬでござる。


  


Posted by スギーリトルバード at 18:47Comments(0)日記

2018年01月09日

那智勝浦へ



「私はその表現に不快な思いをしています。」という意思表示だけしてりゃあいいのに「見ろよ。このバカ」などとわざわざ頭の悪い意見を引っ張り出してきて、そこらへんに吊るし上げてドヤ顔の有識者気取りの人達のゴールはどこ?スギーリトルバードです。

当ブログ「西瓜糖の日々の泡」をご覧の皆様、いかがお過ごしてしょうか?

お気に入りのスイーツやハーブティーを用意して、興奮気味の自律神経を少し鎮静させ、最後までリラックスしてお楽しみ下さい。




来週もライブがあります。

土曜日の反省はしたけど練習はしてない。酒飲みながらAmazonプライムで映画ばっか見てた。こういうところが他のミュージシャンと差がつくとこなんやろなー。

横道それた。
横道坊主。


来週14日(日)はグンと南へ那智勝浦町に行きます。

東京のミュージシャン、かみぬまゆうたろうさんのツアーのお手伝い。大阪からたけだあすかさんも来ます。monpe君のブッキングセンスがキラリと光る。

2人ともはじめましてですが、ぶっ飛ばしてやる!

今年の目標は「対バンは全部対決・勝負。そして勝つ。」です。

ぜひ目撃されたし!!






「くらしはおとへ 〜迎春〜」

1月14日(日)

@カフェ アマアイ (那智勝浦町)

open 14:00
start 14:30
ticket 2000yen(1D込)

かみぬまゆうたろう / スギーリトルバード / たけだあすか

welcome act / monpe



カフェ アマアイ
http://amaai.net/


  


Posted by スギーリトルバード at 19:22Comments(0)日記

2018年01月06日

歌始め終了




魂のロックンローラー、スギーリトルバードです。


当ブログ「西瓜糖の日々の泡」へようこそ。

お気に入りのリカーを用意してリラックスして最後までお楽しみ下さい。




soundcafe NEIROでのライブ終了しました。

1年ぶりのbingo さんとの再会とロックやサーフなステージ。

僕は練習通りに指が動かなかったのでゼロ点の演奏でした。MCも全部すべった。穴があったらそこに入って死にたい。

でも、見てくれた人には大きな感謝を。
本当にどうもありがとう。

日和、という若いロックバンドには頑張って欲しい。こんな時代にこんな田舎でバンドやってるんやもん。勿論、応援するしかないよね。



14日の那智勝浦は100点のライブができる様にきばります。  


Posted by スギーリトルバード at 22:35Comments(0)日記

2018年01月05日

2018年歌い始め



明けましておめでとうございます。

正月太りの天才スギーリトルバードです。


新年一発目のLIVEは

2018.1.6.土

Soundcafe NEIRO

bingo/sugylittlebird/日和

open18:30/start19:00

1000円(別途1d)


日高郡日高川町中津川504 
川辺ICから車で約2~3分



今年もどうぞよろしく!  


Posted by スギーリトルバード at 21:31Comments(0)日記