2017年04月27日

春色の街角で



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがでしょうか。本日も最後までリラックスしてお楽しみ下さい。


小沢健二が出ていたライナーノーツという音楽番組を見た。ゲストが何組かいて音楽家のゲストはさすがで、三谷幸喜も微妙やったけど、まあまああんなもん。問題は二階堂ふみ。あれ何で出演させたのや。面識あるからか。アホくさ。

と言いながら「流動体について」は購入していないスギーリトルバードです。コーネリアスの新譜には期待と股間をふくらませております。






次のLiveは5/2(火)OLDTIME。


一般的に、もしくは暦通りなら連休前夜。

4/29からの長期休暇がある一流国民のあなたには中日にあたるかな、と思われる。

とにかく、遊びに行きやすい日程だと思うので、是非。

物騒な世の中だし、頭の悪い政治家ばかりだし(そもそも政治家は“悪い”ものだけど、最近の人は頭だけが悪い小者ばかりで、どうしようもない。)、しかも忙しく働く割に賃金は安いし、そういう状況でなかなか難しいと思うけれど、休日前には音楽でも聞いて、その後ちょっとお酒でも飲みに行って、休み前や休みの日くらいは、みんなで楽しい気持ちになりましょう。


↓詳細です。
http://www.first-take.co.jp/oldtime/yoteiview.cgi?df=201705&dd=2
  


Posted by スギーリトルバード at 19:58Comments(0)日記

2017年04月24日

馴れ合いは好きじゃないから誤解されても仕方がない




当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがでしょうか。本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。


どの出演者の演奏中でも何度も何度も移動したり、かなりの音量でお喋りしたり、推測だが最後の方に出演する奴であろうお前みたいな奴は、今すぐ楽器を処分してもう二度と音楽に関わるな!スギーリトルバードです。

そのうち終わるだろうと思って注意しなかった私にも罪はある。後悔している。





わかやまマジカルミュージックツアー前夜祭での出演が終了。

数ある会場の中からHERONを選んだみなさん、どうもありがとうございました。

はじめましての方がたくさん。
馴染みの方もチラホラ。
みんなあたたかいお客さんで、
ほどよい緊張感の中で演奏を存分に楽しんだ。

私はブスっとした顔で黙々と演奏している様に見えるらしいが、内心は踊り出したいほどの喜びでいつもいっぱいなのだ。

おかげで良いライブができた気がする。
少し自信を取り戻せた。





共演者も素晴らしくて、HERONを選ばなかった人は少し損をしたはずだ。

お寿司のともみちゃんのポップだけれど少し捻れたセンスが好きだ。毒気もある。たくさん良い音楽を聞いていそう。もっとたくさんの人が注目すればいい。




杉本戦車君の中性的で中毒性のある音楽も好きだ。久しぶりに見るライブは変わらずのクオリティだけど、雰囲気が少し変わっていて一皮むけた印象。新曲が素晴らしくて悔しくなった。

私の隣で見ていた若い女の子は目をハートの形にして彼のライブを見ていた。




asakoさんのラグタイムな音楽はHERONの雰囲気に合っていて60年代コーヒーハウス的だった。音楽と関係ないが、女性が小振りなギターを抱えるフォルムっていいよね。





誰もが頑張ってるんだろうが、前夜祭ならHERONが1番センスが良かった。
それは絶対に間違いはない。


こんなに楽しかったのに酔っ払いもしなかったし、いつもの様にくだらない事をベラベラ話す前に帰路についたし、演奏の自己評価も高いし、共演者の良い音楽も聴けた。


良い夜だった。  


Posted by スギーリトルバード at 19:35Comments(0)日記

2017年04月19日

横道世之介最高会議



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがですか。台風の様な春の嵐、大丈夫でしたか?

さて本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。




ここ御坊市においてヒップホップ以外は音楽ではないらしい。そこでギターなんかを弾いて歌っている絶滅種ことスギーリトルバードです。





さて今週の土曜日もライブです。
今月はこれで最後の1本。

4.22(土)

わかやまマジカルミュージックツアー前夜祭

和歌山市内の11ヶ所のライブハウス等で行われるライブサーキットイベント。

共通チケット購入で様々なライブが見放題。

私の出演の場所は
device space HERON
南海和歌山市駅の目の前

時間は20時半からの出演を予定してます。


そういえば

お寿司のともみちゃん
杉本戦車くん

と久々の共演。


この間の二の舞はゴメンだ!
気合いの入ったライブをしたい。

皆様、是非。




  


Posted by スギーリトルバード at 21:34Comments(0)日記

2017年04月17日

明るい幻



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがですか。本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。

ジョーパスよりジムホールの方がどちらかというと好きだな派でしたが、1975年ドイツのテレビ局でのエラフィッツジェラルドとのデュオ編成のライブ映像を見てあっさりジョーパス派に鞍替えしそうになったスギーリトルバードです。





JULiA MURPHYちゃん企画のKIDS PARTYに参加してきました。

高校生から私の様なおじさんまでバラエティにとんだラインナップ。

しかし音楽のいいところは、世代や国境を簡単に飛び越える。

みんな良いライブをしてた。

一転、私は、変なやる気を出して変なMCはするし、なんだかチグハグな演奏までしてしまって、とても恥ずかしい限りです。

やり直したい。

そして出直したい。

そして集客も力になれず申し訳ない。

ジュリアちゃんごめんよ。




  


Posted by スギーリトルバード at 21:23Comments(0)日記

2017年04月12日

エイプリルはユーのライ



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがですか。本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。


「わたし、音楽のセンスが良いでしょ?」とアピールしてる時点でセンスがなくてダサいスギーリトルバードです。





さて、ありがたいことに今月はまだ
今週、来週末とライブが続きます。

まずは4/16(日)に再びmusic cafe MILI

JURiA MURPHYちゃん企画。

初めましてと馴染みがチラホラ。

ライブチャージがすこぶる安い!

なので是非!


  


Posted by スギーリトルバード at 19:36Comments(0)日記

2017年04月07日

苦しいや悲しいはここに置いていきなよ



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがですか。本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。




「個人の表現の自由」を主張しているのに「ロックやパンク、ヒップホップが好きなお前ら、そしてバンドマン達よ、なぜアゲインストしないのか。」だとか「芸術家は全員声をあげるべきだ!」と強要するスギーリトルバードです。首相も自民党員も米国大統領も共和党員も全員皆殺しだ‼︎




音家松林商店でのライブが終了。
花散らしの雨の中お越しの方、
ありがとうございました。

名物兄貴エイジさんを祝うパーティー。

正直、客入りはアレだったけど、
その分、出演者もお客さんも距離が近くなり
ホームパーティーの様な雰囲気があった。

でも演奏は誰もがエッジが効いていて、さすが。

いつもよりは皆チカラの抜けた感じだけど、それが却って良かったり。

とにかく和やかで賑やかで楽しい時間だった。

終演後は、いつまでも終わりそうにないお喋りが続き、お祝いの夜は更けていった。



私は今回の面子や、和歌山で少し濃い目の良い音楽をしているローカルでサブカルな人達を集めて、エイジナイトをできるだけ長く開催してもらいたい。(一体どれがオーバーカルチャーかはわかりませんが。)


  


Posted by スギーリトルバード at 19:45Comments(0)日記

2017年04月06日

この次はモアベターやよ



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがですか。本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。

質問にちゃんと答えられなくて上手く眠れなかったので、ここに書きます。よく考えたけれど、やはり今の気分になってしまいました。とにかく1番好きなのは「ギルバート・グレイプ」かな、のスギーリトルバードです。 年齢を重ねた今、ギルバートの決断が非常に心に響きます。やっと本当に理解できた気がします。





まず余談を。

SNSってのは音楽好きとか映画好きを簡単にアピールできて便利。youtube貼り付けりゃええもんね。「あー、このLive行きたかったー」とか。チェックしてるアピールはいいから、行きたきゃ黙って行け、この野郎。





さて、本題。

music cafe MILIでのライブが終了しました。
雨の中お越しの方、ありがとうございました。

新曲を交えたセットで楽しく歌えました。
でも昨日のライブは自己評価が低いです。
うまくいかなかった。もっともっと練習しよ。

共演の和歌山勢もバラエティに富んでいたし、ワイワイと楽しく過ごしました。




メインの三上隼さんは、陰口が好きな底意地の悪い私とは対極で、爽やかで歌唱力も抜群で気持ちよかったです。ありゃ売れるね。

ライブ後もにぎやかで平日にこんな夜があって素晴らしいですね。明日への活力。





次回ライブは明日4/8(土)音家松林商店です。

和歌山のあちらこちらに春の訪れを告げる天使エイジさんの誕生を祝うイベントで、良質なミュージシャンが多数出演します。

私はこの日しか見れない感じでやります。
特別編。
何をするかはフタを開けてのお楽しみ。

是非。




☆☆☆

2017.4.8(土)@ 音家松林商店 (和歌山市)

「南雑賀町Eiji Night 44 Eiji BD live」

start 19:30

charge ¥2000 (1d付)


LIVE

メトロロ / スギーリトルバード / 一本松 / ミノハーポ and more


音家松林商店
和歌山市南雑賀町17 ロマンFBビル3F
0734-28-3339

☆☆☆  


Posted by スギーリトルバード at 19:45Comments(0)日記

2017年04月05日

その熱い血潮の枯れぬ間に




当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがですか。本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。


それは、本人の努力の賜物であり人柄やその他諸々の要因が重なった結果であるので、何も口出しできませんが「大きな仕事が入ったよー。ルンルン♩」と年に一度位ならまだしも毎日毎日SNSで報告されてスギーリトルバードはどんな顔したらええのんや…。




さて、明日はMILIでライブです。

三上隼さんという方のレコ発イベントという事で、久しぶりのMILIな上に、初めましての方が多数で私は緊張しています。最近、緊張する事が多い。

しかしながら私は私の音楽をやるだけなので、なんとか踏ん張ろう。誰に認められなくともかまわないのだ。

自己満足や身内の褒め合いばかりでオナニーの見せつけ合いをしている様なシーンなんかガソリンかけて燃やしてしまえ‼︎


という事で4/6(木)詳細は以下


☆☆☆

2017.4.6(木)@music cafe MILI(和歌山市)

「三上準 1st弾き語りAlbum 「阿吽の中で」リリースツアー2017」

open / start 19:00 / 19:30

charge ¥1500+1d (¥600)


LIVE

三上準(埼玉) / Hiroji (ジャマーバンド) / スギーリトルバード / JURiA MURPHY / ヒョウドウハナ


music cafe MILI
和歌山市西長町2-35
080-5356-6921

*予約・取り置きは、コメント、HP、DM、等で受け付けています。お気軽にどうぞ。


☆☆☆  


Posted by スギーリトルバード at 19:22Comments(0)日記

2017年04月04日

四月になると彼女は



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがですか。本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。

中古レコード屋や古本屋で欲しいものが5つ位あると結局1つも買わないスギーリトルバードです。欲しいものを全部買うとソワソワしてしまうから。





今週は2本ライブがあります。

4/6(木) music cafe MILI

4/8(土) 音家松林商店

どちらも和歌山市です。


MILIは三上隼さんのレコ発イベント、カレーが美味しいと噂のMILIで。(私はまだ未経験)

毎度お馴染み音家松林商店では、いつも楽しいエイジさんを囲むパーティー的なイベントです。


スギーリトルバード的には新しいレパートリーや新しいカバー等をそろそろ発表していきたいなと思っています。



どちらか


もしくは


どちらも

or DIE ‼︎

詳細は、画像かHPでチェックして下さい。





  


Posted by スギーリトルバード at 21:58Comments(0)日記

2017年04月02日

楕円の夢



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがですか。本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。

「ラ・ラ・ランド」より「シング・ストリート未来へのうた」の方がはるかに優れた音楽映画だと思ったスギーリトルバードです。チャゼルは音楽の事をわかっていないし、ジョン・カーニーは完全にわかってる。




「シング・ストリート 未来へのうた」は本当にハッピーでサッドな映画で胸にくる。

見終わった瞬間は微妙な感想を持っていたのだけれど、全体を思い返してみたり、各場面の事を考えたりと、ゆっくり時間をかけて考えてみれば凄くいい映画だと思う様になってきた。




こんな風に少し時間が経ってわかることが最近は多い。

土曜日、音家松林商店で行われた寺尾紗穂のライブを見てきた。

私の音楽の師匠である儀間さんが企画したもので、前々から「寺尾紗穂は素晴らしい」と聞いていたし、なかなか関西でみれない人だし、誰が来なくても私だけは足を運ばなければいけないと思った。(蓋を開けばソールドアウトの大盛況でしたが。)


最近は私自身弾き語りをする事が多いのと、やはりまだ経験不足なので、1人でライブをする人を見る時は、何かを掴みとらねばならない気持ちがあり、歌詞やメロディーを追いかけたり曲の構造やライブの運び方などを研究したりしていて、終わった瞬間はライブ全体の印象をまだ掴めていない事が多い。

今回の寺尾紗穂もそうで、終わった瞬間は「綺麗な歌声の良い曲を作るシンガーソングライターの凄くハイレベルな方」という印象だった。

しかし音源を買って、帰り道も音源を聴き、今日もずっと聴いてライブの事を思い出したりとしていたら「実はとんでもないライブを見ていたのではないか」と思い始めた。

というか確実にとんでもないライブを見た。

  


Posted by スギーリトルバード at 17:42Comments(0)日記