2017年01月15日

ゴッド オンリー ノウズ



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがですか。本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。


「お前ほんま天然やなー」って言われてるけど「お前のそれは天然じゃなくて、ただの無神経だからな!」と言いたいスギーリトルバードです。全員天然ってサイコパス過ぎて怖いですわ。






コミックレンタルに躊躇し続けてきたのですが、私の現在の可処分所得ではレコード・CD、本を買って、ライブに行って、映画を見て、漫画まで買う、という余裕がとうとうなくなってきました。



それで、気になっていた漫画はもうコミックレンタルに頼ろう、と思って、いくつかの作品を先週レンタルしてきました。

そのいくつかの中に、ジョージ朝倉「溺れるナイフ」があり、読み始めたら、寝食を忘れる勢いで数日間で一気に17巻まで完走しました。

そして、ちょうど14日からジストシネマ御坊で上映がはじまるので、その勢いで映画の方も見てきました。




賛否いろいろあると思いますが、原作も映画も両方楽しめた事が良い経験となりましたね。

基本的に、映画を見る時は前情報をほとんど入れないのですが、こういう風にガッツリ予習していくパターンもアリだな、と思いました。


全編紀南ロケという事で、場所がわかる場面がたくさんあり、そこが大きなスクリーンに映し出されるのは、なんだか奇妙な気持ちになるものですね。  


Posted by スギーリトルバード at 10:33Comments(0)日記

2017年01月11日

ブリング ミー 笹。イフ ユー ゲット ビッグマネー。



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがでしょうか。今回もリラックスして最後までお楽しみ下さい。


薄っぺらな発言を堂々とドヤ顏でかましてくる奴も、どの方向からでも無理矢理に安倍政権批判にねじ込んでいこうとする奴も、前向きって言葉をはき違えてる奴も愛していこうスギーリトルバードです。愛は地球を救う。


十日戎に行ってきた。

私は、破天荒な人間だ、そうな風に誤解される。
そういう印象をもたれる事が本当に多い。


しかし、実際の私はパンクスでもアナーキストでもなく、レゲエでも芸術家肌でもなく、どちらかというと古いタイプの常識人で頑固で、長い物に巻かれるタイプで、割とステレオタイプな日本人で、型にはまっている。黙って言われた通り従っている内に殺される様な人間だ。

頭と口が悪くて、意地が悪いのだ。あとはツウぶったり、サブカルぶりたいだけ。


そういのとは関係ないのかも知れないが、私はよく験を担ぐ。

ライブの時にするルーティンなんかもある。
下着も決まっている。
日常的にライブをしているミュージシャンではないので、私にとってライブの日はハレの日なのだ。

神様も信じているし、仏様の教えも信じているし、私自身は熱心な信仰を持ってはいないが他の宗教に熱心な人も理解できる。そもそもは素晴らしいものだ。

一時期は、キリスト教に改宗しようかと考えていた。どの宗教でも良かったのだが。

心がとても苦しい時にすがるものがある、というのは良いな、とぼんやり考えていたのだ。





十日戎に行ってきた。

熊手を買った。

今年もどうぞよろしくお願いします。
と手を合わせてきた。

心も晴れるし頭もスッキリした。

これで昨年まったく売れなかったCDも売れるはず。

新しい音源も作る予定を立てた。
もうすぐスタジオに入る。  


Posted by スギーリトルバード at 21:18Comments(0)日記

2017年01月09日

テイクミーハイヤー 俺祈ってら



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかが。
今回も最後までお楽しみ下さい。

「1杯500円以上の酒を極力飲まない」というここ数年のポリシーを、年明け早々、軽やかに破ったスギーリトルバードです。




モーニンググローリーでの歌い初め、無事に終了しました。
雨の中、来てくださった方、本当にありがとうございました。

先日の投稿で、私は御坊の音楽関係者から嫌われている、と書きましたが、そんな事ありませんでした。とても愛されているようです。私の勘違いでした。申し訳ありませんでした。みんな、最高の仲間だよね‼︎


なので、演奏的には良かったんだはないかと…。さすがの地元。のびのびと演奏できました。




出番が2番目だったので、共演の方の演奏もたくさん見れたし、どの方も良いライブされてました。

昨日はメインのbingoさんをはじめ、全体的にブルージーな演奏をする人ばかりで、みんなブラックミュージックが好きなんだな、と思いました。(ちなみにライブ前に、家で某動画サイトを彷徨っていると、NO NAMEというアメリカのフィーメイルラッパーを見つけました。ほどよくゆるくて、凄くカッコよかった。無料ダウンロードできる音源があります。)


お酒もほどほどにでき、打ち上げ的な時間も酔っ払ってしょうもない話をする前に早く切り上げれたので、昨日という1日に80点位つけてあげたい。

夜中にカップ麺を食べてしまったのが失点の最大の要因です。(長期的なダイエットを開始しているにも関わらず)




とにかく、2017年の音楽生活的には幸先の良いスタートになりました。
この感じでいきたいですね。



次回ライブは1.28(土)@OLDTIMEです。
どうぞ、よろしくお願いします。


  


Posted by スギーリトルバード at 18:56Comments(0)日記

2017年01月06日

どんな感じだい? 帰る場所もないなんて。



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがでしょうか。本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。


尼神インターの黒髪の方が「かなりのブス」扱いされているのをたまにテレビで見るのですが、「そうかなぁ。あれ位の女の人ならプライスカットやロマンシティにガンガンいるけどなぁ。」と思っているスギーリトルバードです。個人の感想です。






さて、2017年1本目、初ライブがすぐそこに。

1月8日(日)、場所は御坊市のモーニンググローリーというBAR。bingoさんというミュージシャンの和歌山ツアーの一箇所に参加させてもらうのだ。


私のおぼろげな記憶では、はるか昔に御坊で一度対バンした事があるような、ないような。その時は私側はバンドだったので、ソロとしてははじめましてになる。

そういえば、モーニンググローリーで演奏するのも初めて。酒を飲みに行った事しかない。

初めて三昧の夜。


それで、重い腰をようやく上げ、練習をしたり、曲を決めたりしてるのだけれど、やれる事は大きく変わるはずもなく、内容的には昨年とほぼ同じになるでしょう。


私は御坊の音楽関係者のほとんど全員から嫌われている。もしくは疎まれている。なので、ここ2・3年は地元でほとんどライブをやらない・やれない。

そういうわけだから、私のソロのライブを見た事が無い人がかなり多くいる。だから内容的には、いつもと変わり映えしなくても、客の目線からは初めてのようにも映るだろう。

しかし失礼な話だが、そもそも客が入ると思っていないし、私は集客の努力する気も無い。そっちがその気なら、こっちもそういうつもりだ。いつだって臨戦態勢である。




だいたい、御坊市やこの付近に、音楽が好きな人間がいるとは思っていないし、いたとしてもセンスのいい彼らには、私の音楽性になんて何の興味もわかないだろう。

それならば駅前でサイファーしたり、家や居酒屋で酒を飲んだり、みんな自分の事で一所懸命になる方が、よほど有益だと思う。

だから、ノルマ分の金を払って出演させてもらい、そして、まるで奇跡のように目の前にいるあなたに対して、感謝して、真摯な気持ちで私なりの音楽を演奏をするだけだ。



2017.1.8(日)@モーニンググローリー(御坊市)

「転がり続けるバンドマン
Bingo 和歌山ツアー」

open/start 18:30/19:00

ticket ad/door ¥1000/¥1500


LIVE

Bingo / The DoshaBries / 山沢アキヒロ / スギーリトルバード



*チケット予約・取り置きはHP、DM、コメントなどで受付可能。  


Posted by スギーリトルバード at 19:03Comments(0)日記

2017年01月05日

ニューイヤーズパーティー




当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがですか。本日もリラックスしたり、歯ぎしりを噛んだりしながら最後までお楽しみ下さい。


忘年会と新年会がとうとうゼロになり、新年の挨拶的な携帯のメールは2通で、そのうち純粋な年賀のメールは1通だったスギーリトルバードです。ついでに年賀状は5枚くらい。




昨晩、OLDTIMEに行ってきた。
マスターと我らがンダ君が出る、
歌い始めライブを見てきた。


仕事始めだったので、年始から汚い言葉を吐きかけながらタイムカードを押し、和歌山市内に車を走らせた。

スタート時間を少し過ぎたころに到着。顔見知りがチラホラ。どうもどうも、と各方面に挨拶していたら、ンダ君がはじまるところだった。


なにやら今年からは「Nの集落」という名前になるらしい。




名義がどうあれ、いつもの彼らしいステージだった。昨日は少し丁寧に演奏していた気もするけれど。

「深いところに行きたい」みたいな事をMCしてはじまった「一分一秒」という曲が、ちゃんと聞くのは二回目だったが、よかった。彼は良い曲を書く。

韻は踏んでいてマナーに乗った感じがするが、ヒップホップのMCの書くリリックとは全然違い、面白い。
伴奏もロックともフォークともつかない感じで、オリジナリティに溢れた良い曲だと思う。

(個人的には、ヒップホップど真ん中のしっかりしたビートの上でフロウするアレンジで聴いてみたい。今度、頼んでみよう。)





続いてマスター・ボビーとホテイさん。
ボビーさんの天然が炸裂してて笑ったな。
スタンダード曲やサムクックなど、いつもの渋い選曲だった。

それと、エレガットが良い音がしていて、単純な私は使いたくなったし、欲しくなった。誰か私にプレゼントして下さい。遠慮はいりません。

ボビー&ホテイのライブを見ているうちに、常連やらミュージシャン、客、みんなでワイワイしていて、そのうちにホームパーティーに来たみたいな気持ちになり、「あ、これは新年会だな」と思うと楽しかった。



  


Posted by スギーリトルバード at 19:16Comments(0)日記

2017年01月04日

太陽をつかんでしまった



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌よう。
本日も最後までお楽しみ下さい。

最近知ったDINASAURとTHE LOVE EXPERIMENTを動画サイトでチェック。すげー良かった。DINASAURはCD買いたいスギーリトルバードです。




2017年が始まったばかりですが、雑誌やネットやブログ、様々な場所の2016年の様々なもののランキングばかり見ています。

物事を知らないので、たくさんの有識者の方のチョイスがとても勉強になります。なので、いつも一歩遅れがちになりますが、それはもう仕方がない。10代の頃から諦めています。

ある人の2016年映画ランキングに入っていた「クリーピー 偽りの隣人」という映画を昨日は見た。今朝は「太陽」を見た。
どちらも面白かった。







ちなみに2017年1本目に見た映画は
テレビ録画した「フィッシュストーリー」

見るのは2回目だったけど、やっぱり大して面白くはなかった。あのキモとなる歌がダメだよね。アレンジも歌詞もダサすぎる(笑)

ピストルズ以前の日本のロックを描くなら村八分とか裸のラリーズとかをモデルにしたらよかったのにね。

余談だが、多部未華子を見つけた人は、色んな意味で本当に偉いと思います。





  


Posted by スギーリトルバード at 19:09Comments(0)日記

2017年01月02日

スギデミー大賞



当ブログをご覧の皆様、いかがお過ごしでしょうか?本日も最後までお楽しみ下さい。


久保田利伸の言うファンキーな◯◯、みたいな表記のものは全然ファンキーじゃないですよねスギーリトルバードです。世界一ファンキーなのは、ふちがみとふなと、です。



我が家の鳥ジャケット。案外少ない。



さて、昨年、音楽の年間ベストを書いたついでに、私のたった1つの趣味である映画の2016年間ベストについて書こうと思ってたのですが、体調不良のせいで投稿できずにいたので、今回、発表させてもらいます。






ずっと平均100本前後は見てきたのだが、ここ数年は少なく、2015年は60本ほど、2016年は80本と少し。

9割レンタルだが、2016年は映画館に行く機会が例年より多くて、なんとなく嬉しかった。


映画に関してはハッキリと順位をつけられない。順不同でベスト10を。
中身については書かない。
私の拙い文章力で映画の何を語る事ができようか。

映画ファンとROCKファンはおっかないのでね。

食べロガー、Amazonレビュアー、それにアムウェイ、もしくは新興宗教の信者くらいおっかない。わざわざ危ない橋を渡る事はない。




関係ない事をグダグダと書いたところで、
ベスト10を順不同で発表。

2017年もボチボチ鑑賞していこうと思ってます。



ズートピア
マイ・インターン
ストレート・アウタ・コンプトン
イット・フォローズ
はじまりのうた
シン・ゴジラ
あん
何者
ちはやふる 下の句
野火


*2016年の作品ではなく、2016年に私が見た映画から。


  


Posted by スギーリトルバード at 14:46Comments(0)日記

2017年01月01日

あけましておめでとうございます。





当ブログをご覧の皆様、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


酉年ということで、パッと思いついた鳥ジャケット。


体調がまだ本調子でなく、鼻の奥で風邪独特の臭いがずっとしている。喉もピリピリする中、お盆と年末年始の恒例行事、ボルゾイレコード詣を今年も無事にすませる事ができましたスギーリトルバードです。アメリカ産、日本産、韓国産、ハワイ産の音楽を収穫。





そしてその足でハードオフに向かい、CDプレーヤーを新調。リスニング環境が格段に良くなり、幸先の良いスタートになった。







2017年の抱負は「全てを肯定する」

頑なにこだわりを持ってたり、流行り物やニュースや政治家や芸能人に、いちいち反感持ったりや反抗するのもそろそろダサいので、こだわりもハードルも無しのオールオッケーの全乗っかりの圧倒的許容姿勢で2017年を攻めたいと思う。私は神やブッダ、もしくはマホメットの領域を目指すのだ。


そして音楽生活的には、ライブも録音も無理せず適度にやれたらいいな、と思う。

それと、ライブをもう少し見に行きたいかな。

レコードハントは例年並みで。
フィジカルにこだわりはなくなってきたので配信などはもっと利用するかも。Spotifyは気に入ってる。

ソロになって練習の大切さを痛感しているので、毎日の練習をできるだけサボらない。これは目標。



では、各方面の皆様、本年もどうぞよろしくお願いします。
  


Posted by スギーリトルバード at 15:16Comments(0)日記