2016年08月17日

愛を止めないで



「ライブがない」「ブッキングが来ない」と常々ボヤいておりますが、密かに毎月いくつかのオファーが来ていたりしているのですが、patagonian orchestraは活動休止中なので断る以外の方法がありません。各方面の皆さんに申し訳なくて申し訳なくて頭を地面にこすりつけながらメールの返信をしております。本当にすいません。

そんな中、11月にバックバンドを率いてのソロライブが出来そうなスギーリトルバードです。詳細はまあ待て!! というかまだわからん。





それよりも、今月末の28日に音家松林商店でライブがありますので、そちらに来ていただきたいです。いつも通りの私のギターと歌のソロ。20時スタート、二千円、対バンはアヤミノドンさんです。どうぞ、よろしく。

「行けたら行く」と返事する奴は、今後はブン殴っていこうと思うので、こちらの方もどうぞ覚悟しておいてもらえたら幸いです。もういい加減聞き飽きた言い訳だし改善できないし、言葉が通じないとなると躾をしていくしかない。




それと、初ソロ音源を、この日に間に合わせたかったのですが、おそらく間に合いません。というか、このまま発表しないという可能性も出てきました。残念ですが、そうなった場合はもう仕方がありませんので諦めるしかない。





前回サニーデイサービスの話をしたので、次回は坂本慎太郎「できれば愛を」の話をしようと思いますが、全ては私の気分次第なので書かないかも知れません。  


Posted by スギーリトルバード at 20:54Comments(0)日記

2016年08月16日

SEA OF LOVE



当ブログをご覧の皆様、夏季休暇を「楽しく」もしくは「楽しくなく」それとも「そのどちらでもなく」過ごされたでしょうか?






私はこの夏かがげたスローガン通り、毎週末の海水浴を妻と2人で順調にこなしましたが、おそらく今年最後の海水浴になるであろう15日は弟家族とワイワイと泳いできました。姪や甥と、これでもか!!という程はしゃぎ倒してきた。子供のパワーというのは凄いですね。そして音楽と同じ位の癒しの力があります。なので今は心穏やかなスギーリトルバードです。






先日のボルゾイレコードで私達には珍しく新譜を4枚も買った。昔は新譜中古を問わず欲しいならバカスカCDを買っていたが、最近は可処分所得から切り詰めて切り詰めて厳選したものを月に2枚くらい買えばいいところだが、「ボルゾイレコードとアーティストへの支援だ」と思って金を使った。音楽と正しく使う金は店も人も町も救う。


その中にサニーデイサービスの新譜「Dance To You」があり、鳥取から御坊に帰り、家に着いてまずやったことはこのサニーデイサービスのCDをプレイヤーにセットすることだった。

1曲目から凄くしびれた。

前評判では、「一見地味なアルバム。しかし何度も聞いてる内に凄いアルバムなんじゃないかと思えてくる」というものが多かった。それと曽我部さん本人が発言していた、新しいサニーデイサービスの形。確かに安易に想像できるサニーデイサービスの音ではない。昔からのファンが求める様なサニーデイサービスは完全にいない。


そしてそれは、曲がすすむごとに凄みを増していく。アルバム発売より先行して発表されていたMVの3曲もアルバムの中での流れで聞くと、納得できた。というか、3曲とも名曲。


MVをチェックした時は「なんだか地味な曲だなあ」位の感想しか持てなかったのだが…。特に「苺畑〜」はストーンローゼスの焼き直しくらいに思ってた(笑) (そういえばストーンローゼスの新曲も地味だったな。) やっぱり良いアルバムって曲順やジャケットや名曲から地味曲まで、何もかも全部揃って良いアルバムなんだな、と思つた。



と、頭がグルグルしている内に全曲終了。
そしてまたプレイボタンを押した。
中毒性のあるアルバムである。


いやあ、おみそれしましたよ。
曽我部さん。


  


Posted by スギーリトルバード at 21:15Comments(0)日記

2016年08月14日

サマーブリーズ




当ブログをご覧の皆様、ご機嫌よう。

きなんせ!鳥取。

もはや和歌山よりも鳥取の方が愛着がわいてきているスギーリトルバードです。

不肖私も今までは声高にレペゼン和歌山(御坊)をしてきましたが、レスポンスも無い(御坊でやるイベントに御坊在住の私が招集されず田辺や有田、和歌山の市内のミュージシャンがたくさん出たりする事が多々。)。という事で、私なんぞがレペゼンするよりも、和歌山には私なんかよりもよっぽど活躍しているミュージシャンもタレントもたくさんいるし、御坊にはフッドスターのSURRY君がいるし、みんなで盛り上げて欲しい。私はもうひっそりとしっかりと自分の活動をしていくだけです。エリックサティを真似して、自分だけのための宗教を作りました。


話は戻って。

鳥取県の各地域は、漫画やアニメで町おこしをしている。

鳥取出身の漫画家、アニメの聖地になっている地域が多いらしい。そして各地とも、人が来るなら何でもやりまっせ!という気持ちが溢れだしている。

先日の倉吉はアニメで、土産物屋には勿論、有形文化財などにもアニメのキャラ入りの旗を立てて、歴史好きからアニヲタまで大歓迎。

海水浴に行った岩美町もアニメの聖地(京アニのFREE)で、駅の観光案内所にもアニメにあやかったものがたくさん置いてある。アニメファンもそれ目当てでたくさん来ている姿を見かけた。絵馬があって願掛けなどもできる。


誰もが知ってるであろう砂丘は、ポケモンGOをウェルカムで、夜間用に照明装置までつけたようだ。しかも県知事からの指令!まあこの県知事さんは面白い人だ。政治的にどうかはわからんが、こういう人が1人くらいいてもいいと私は思う。


他にも水木しげる推し、青山剛昌推し、谷口ジロー推し、各町村に何やかんや1つはあるんではなかろうか、というほど。ちなみに空港は「鳥取砂丘コナン空港」 という名称である。日本を代表する漫画名探偵コナンと名所である鳥取砂丘の抱き合わせ。ツートップのツインピークス! シャルル・ド・ゴール国際空港やルイアームストロング・ニューオリンズ空港などとは訳が違う!

とにかく私の印象では、鳥取県は全乗っかりなのである。人が来るなら、街が栄えるなら、もう何にでも頼っちゃうよ!という(笑) 日本人は全国民が何らかのキャラを溺愛している傾向があるので、そこをうまく狙い、梨のキャラ豆腐ちくわのキャラなど名産にあやかったものもたくさんいる。ここまでやれば痛快で、私なんかは気が狂っているので鳥取はどこに出掛けても笑いが込み上げてきて、楽しくて楽しくて仕方がないのです。





しかし鳥取の本当の名所はボルゾイレコード。




和歌山のバグース、kuju、高松の半空、奈良のジャンゴレコードと並ぶ、地方の素晴らしいお店。そして山陰を代表するレコード屋である。今回も足を運べた。本当に何もかもが素敵なセレクトの品ばかりのCD・レコードショップで最高。店主の人柄もあるのか、全国のミュージシャンも鳥取に来ると必ず立ち寄る人もいるとかいないとか。とにかく、この店を継続して欲しいので、自分が立ち寄る時は何かしらを絶対に買う。そして、少しだけお喋りして帰る。

「ではまた正月に」「ではまたお盆に」
「おかえりなさい」「気をつけて」

とやるのが、お盆とお正月の恒例行事になりつつある。そしてそれが私にはとても嬉しいやり取りなのです。





  


Posted by スギーリトルバード at 10:02Comments(0)日記

2016年08月13日

サマーシンフォニー



5月のライブの事を8月になってもまだネタにし、しかもそれが22回にわたっている事に驚きを隠せません。しかしそれ位自分を愛して愛して愛し抜かないと和歌山No.1にはなれないのだと教えていただきましたスギーリトルバードです。精進します。


当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがですかな? なに?悪い? そいつはいけない事ですな。海水浴にでも出かけなさいな。海水には、科学では計り知れないヒーリング効果があります。スイマーの様に泳がなくたって、お風呂の様に海水に浸かってビールでもグビリといきましょう。さすれば、モヤモヤも吹き飛ぶでしょう。






日本海に初めて入った。

この年齢までで海水浴をした記憶があるのは、和歌山、泉南、伊勢、ハワイ、と全て太平洋。あとはバリ島、インド洋。


昨日の町並みと同じで、海といっても色々とある。



牧谷海水浴場。
日本海だなぁ、と思った。
そしてやはり水が少し冷たい。
風もあった。


なんとなく感じる侘しさが良い。風情である。おそらくサウダーヂとはこういう事であろう。鳥取の人はブラジル音楽をやればいいと思う。特にボサノヴァが合うかも知れない。植田正治の写真はスタイリッシュだが、山陰特有のノスタルジーというか翳りというか、そこはかとなくサウダーヂが含まれているのはこういう事かも知れん。


どこにでも馬鹿はいるもので、ジェットスキーを乗り回す軍団がいて、沖の方でブンブンやっていた。磯の浦や白浜にもよくいるが、海水浴場でジェットスキーを乗り回す奴は、頭の悪いキチガイばかりで、乗り物ごと全員爆発すればいい。法律でそう決めたらいいと思う。

区域を分けているのに、なぜにそれを侵すのかね。自分が格好いい、と思っている行動は格好が悪いというものの見本だなぁ、と思って、もうそれ以上は相手にしなかった。時間と人生の無駄だ。

多分、脳味噌が極端に少ない病なんだと思う。まわりの人の迷惑などを考えれる能力があるなら、人間は決してそんな事はしない。




短い滞在時間だったが、少し冷たい日本海での海水浴を楽しんだ。周りの人間が鳥取弁ばかり話しているのも、よそに来た!という感じがたくさんして面白い。来年の夏もまた泳ぎに来れたらいいな、と願うばかりだ。


帰ってビールを飲んだ。
畳に寝転び、ブログを書いて、漫画と小説を少しパラパラと。

もんもんもこもこの夏なんです。
ホーシツクツクの夏なんです。


  


Posted by スギーリトルバード at 12:51Comments(0)日記

2016年08月12日

サマーソウル




湘南の風の様なレゲエチームを作ろうと思っていてメンバーを募集しています。とりあえず、あと3人のDJ(MC)とセレクターが1人、必要です。トラックは製作中ですが、チームの名前だけは決まっています。「富田の水」です。メール、コメント等でコンタクトして下さいスギーリトルバードです。


当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかが。私は夏季休暇に入り気分は上々です。




妻の郷である鳥取県に来ています。

今回は、前から訪れてみたかった倉吉にも足を運んでみました。和歌山では湯浅、倉敷なら美観地区、の様な町並みがある地区がありました。ほとんど同じ様に見えても、所変われば品変わる、と言ったもので、全然違う。風土、気候なども関係あるのでしょう。やはり山陰特有の町の空気だった。




&Premiume という雑誌で見た「夜長茶廊」という店も近くにあったので立ち寄った。美味しいスパイスカレーを頂いた。店内の音楽も素晴らしかった。




帰ろうと、駐車場に向かう途中の幼稚園の壁に異様な雰囲気の壁画が見えるな、と思ったらスズキコージの絵だった。びっくりした。なんでこんなところに!



帰り道の途中に、鳥取県では有名な温泉地、三朝温泉があり、倉吉散歩で汗もたくさんかいたので風呂にでも入ろうとなった。全く知識がないので、軽く検索したところ、株湯という所がいいんじゃないかという家族会議の結果が出たので、向かう。旅館などはけっこうなお値段がした。


公衆浴場のような感じで入湯料は300円だった。「大変熱いので身体を十分に慣らしてから入って下さい」という注意書きを見たので、気をつけて入ったが湯が熱かった。今のところ日本で1番熱いと思う。これは軽い火傷かな、と思う程です。熱湯ジャンキーの方には満足していただける熱湯具合だと思います。絶賛おすすめしますよ。


三朝温泉から妻の実家に戻る途中に、かの有名な投入堂があった。時間がなかったので登山はしなかったが、道端からお堂が見えるポイントがあって、なかなかに感動的だった。(投入堂は田辺の奇絶峡みたいな感じです。)



今回の鳥取滞在、出だしは順調です。  


Posted by スギーリトルバード at 20:35Comments(0)日記

2016年08月09日

サマージャム'16



「ポケモンGOなんかやるより、ライブ(その他芸術)を観る方が、ポケモンGOでは得られないものがあるんだよ!ロックンロール!!」と紋切り型の上から目線の文章でしかポケモンGOを批評できないてめえの方がよっぽど程度が低いと思うし、おつむの程度もたかが知れてるし、そんなお前の音楽や映画の趣味はたいがい「かぶれてる」程度なんで今すぐ黙れ。そして、斜に構えて通ぶってマニアックな人と周りから承認されたいだけに決まりきっているので、年間500本くらい映画見たり、五万枚くらいレコード所有してからか、せめてアフリカ音楽の異常なマニアになってから発言しなさい。でないと、寝言は寝て言うか、SNSの中だけにしときたまえ。和歌山はセンスのない音楽ファンばっかりかよスギーリトルバードです。



当ブログをご覧の皆様、いかがお過ごしでしょうか。計画を立てるのが下手な上司に苦しめられてませんか? 私は苦しいです。








個人的なサイクルの問題ですが、近頃、映画が見れなくなってきました。1番最近「ミツバチのささやき」という見たのですが、映画自体は面白い雰囲気なのに、これがもう全く集中できなくて「あ!これはサインだな。」と思い途中で見るのをやめました。しかも、油断していてレンタルを延滞してしまい延滞料金が840円ほど払った。1本50円だ100円だ、という割に延滞料金ってかなり高いのですね。知らなかった。それほど映画に対してボーっとしています。





それで、本を読みたい欲求のサイクルが回ってきて、同時にいくつか読み進めている。いつの頃からか1冊を最後まで読む事がなくなってきた。邪道かもしれないが、パラパラといくつかの本を同時に読み進めるのが好きだ。

最近は、


柴崎友香「ビリジアン」
菊地成孔「時事ネタ嫌い」
立川談春「赤めだか」
米澤穂信「満願」
獅子文六「悦っちゃん」
柳田國男「遠野物語」

を家のあちこちに置いていて、気が向いたら、そのどれかを読む。これが今の気分。
去年から読んでる物もあるので、完走するのに、とても時間がかかるが、読書の良いところの1つは、これができるところである。あと、そんなに読めないのに、わたしも妻も本はいつもたくさん買う。



そういえば、この間の京極堂のライブを見に行った時に、久しぶりに好きな本屋の1つであるスタンダードブックストア心斎橋店に行った。だもんで、さらに欲しい物もいくつも出てきてて、秋が来る前に読書の季節になりそうな気配。


労働環境と賃金は本当の本当の本当に最低ですが、お盆休みだけは人並みにあるので、ダラダラ寝転んで本でも読もうと思っておる次第であります。  


Posted by スギーリトルバード at 21:34Comments(0)日記

2016年08月08日

和歌浦に行った



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌よう。

先日の投稿を読んでハラハラしたりイライラしたりした方がいたら謝ります。ごめんなさい。

しかし、まず、ここに書く事の全てが、本当の事ではありません。全てを鵜呑みにしないで下さい。

ほとんどは身に起きた事や体験や自分の気持ちや意見や考えを書きますが、細かいところは少し大げさに書いたり、全くの嘘だったり、でっち上げたりしていますし、明日には思ってる事が違うかも知れないし、投稿自体がウソの時もあります。何を書いたって面白けりゃ別にいいじゃん、というスタイルなのでとやかく言われたくないのです。でないと、ここに「死にたい」と書いたら私は死ななければなりません。混乱させる様な事は勿論書きませんが、引き続き嘘も本当も真実も事実も事実無根も織り交ぜてブログを続けようと思っています。







和歌浦にあるバグースで行われた知久寿焼さんのライブを見てきました。

バグースは個人的に和歌山の中で1番好きなお店。昔、バリ島にロングステイした時に使ってたロスメンを思い出す。「足繁く通いたいが、まあ、たまに行くのがよろしかろう」と思って、いつも夏の間に1・2度行けたらいいところ。

ライブが始まるまで、カレーを食べたりビールを飲んだり外国人がシーカヤックをしているのを眺めたり、ヤンキーの家族を眺めたり、隣の黒ギャルの自撮りを40分くらい眺めたりして、ゆっくりした。しかも、着いてすぐくらいの頃は、知久さんがリハーサルをしていて贅沢な時間でした。隣の黒ギャルは「誰なん?練習長くない?」とボヤいていましたが、まあテレビの音楽番組に出ていないミュージシャンの扱いなんか、そういうものですよね。音楽に興味がなく普通に生きていれば、Mr.Childrenしか知らないし、EXILEのCDしか買わない。音楽が好きな人間なんか少し頭のおかしい猿みたいなもので、我々の様な種類の人間はおしなべて気が狂っている。





開演時間が近づき、ボチボチ集まりはじめたお客さんをながめていると、ライブスペースはほぼ満席。いそいそと自分の席を確保したり飲み物をまた頼んだり、そうこうしている内にライブがはじまった。

あの声と形の変なギターと地味に上手いギターテク。いつもの知久寿焼だ。聞いたことがある曲や初めて聞く曲、暗くて良い曲が続いた。本人も言ってたけど、“じめっとした夏”の感じがして良いライブだった。二部構成になっていて、途中の休憩の時に、偶然に対岸のマリーナシティで花火があったらしく、知久さんとお客さんのみんなで、打ち上がる花火を見た。凄く良い景色だった。どの花火大会もほとんどそうだと思うけど、最後の花火があがって終わった時に、拍手が起こりますよね。花火に対してなのか職人に対しての賛辞なのか、とにかくあの拍手が私はとても好きで、バグースでも起こった。

花火大会も終わり、ライブに戻る。ここから空気を戻すの難しいだろうな、と思っていたら、音が鳴った瞬間に知久寿焼のライブに空気が戻っていった。さすがだなぁ、と引き込まれていった内に終了。物足りない、と思ったのは私だけでなかったようで、全員で大きな拍手でアンコール。しかもダブル。2回目は聞きたかったハートランドを本編ではやらなかったので、リクエストしたところ、通った。嬉しかった。知久さんが歌うハートランドがとても好きなのだ。

お客さんからのリクエストに全て答えたダブルアンコールが終わりライブは全て終了。とても満足だった。

正確なところはわからないが、3年?もっと前かも知れないけど、ここ数年は毎年、紀伊半島ツアーをやっているみたいだ。来年もまた来てくれたらいいな。見るならバグースがいいので、おそらくオーガナイザーであろうヒッピーっぽいお姉さん(見た目はバグッダッドカフェザトレンチタウンの女性陣の様なファッション)、来年も是非ともバグースに呼んで下さい。


それと、私も久しぶりにバグースで演奏したいので、どなたでも結構なので誘って下さい。お願いします。


  


Posted by スギーリトルバード at 20:38Comments(0)日記

2016年08月07日

不満はダサい




スギーリトルバードです。

当ブログをご覧の皆様にご報告が。


良い感じに気分が悪いのと、自分ばかりがみじめに思え、1人ぼっちで生きている様な気持ちになり、精神衛生上の負担が大きいので音楽活動を少し控えようと思います。


音源製作は、現在、取り掛かっているソロ作品を完成させたら、今後2度とあらゆる形態において製作しないつもりです。理由は色々なたくさんの人に迷惑をかけるからです。


レコード、CD、楽器、機材もハードオフに売り払ってしまおうと予定していて、音楽から一旦離れてみようと思います。


これで物質的にも精神的にも荷物が軽くなって、ポケモンGOに集中できる環境が整うのであります。
  


Posted by スギーリトルバード at 06:54Comments(0)日記

2016年08月03日

できれば愛を




タナカカツキが書いたモノを読み終わる度に「この人は本当の天才だなあ」といつも思いますスギーリトルバードです。



当ブログをご覧の皆様、いかがお過ごしでしょうか。



それほどメディアにこだわりはないのですが、CDプレーヤーが欲しくなってきた。最近、イヤホンを耳に突っ込んで音楽を聞くのが好きなのです。昔はスピーカーでちゃんと鳴らすのが好きでした。


というか、最近はほとんどこだわりというものがドンドンなくなってきている。昔は頑だったのだが、もうCDでもヴァイナルでも配信でも何でもいい。パッケージされてなくても、かっこいいジャケットがあってもいいし、CD-Rに焼いてくれても、youtubeで聴いても、お金を払っても払わなくても、タブレットで小説を読んでもかまわない。ライブに行かなくても楽しいし、ライブを見れば楽しいし、スマホでテレビだって見るし、オークションで漫画だって買うし、アマゾンだって、近所の喫茶店にだって行く、町に本屋がなくてもいいし、日本各地がAEON MALLだらけになればいいし、中国人が爆発的な買い物をしてもまったく問題ないし、芸能人が覚醒剤を使用してもまったく問題ないし、北の国がミサイルを発射してももうまったくかまいやしないが、CDプレーヤーだけは買おうと思う。
  


Posted by スギーリトルバード at 20:03Comments(0)日記

2016年08月02日

俺の枕元にはインソムニアがいつも立ってるんだよ。




一緒に働いている、2人合わせても鳩くらいの脳味噌しかない山田(仮名)さんと田中(仮名)さんが「盆休みはいらない。仕事させろ。」と叫び出して「ワイら休みもらってもやる事思いつかんから、仕事させてや。ほな給料ももらえるし一石二鳥や」と大声でお互いにむかって、もうキスするんじゃなかろうか、という程の距離で顔を突き合わせ、叫び合いをしていました。勤労勤勉な国民がこうして目の前にいるのを見ると、日本の教育もしくは政策は成功しているんだなぁ、と思いましたスギーリトルバードです。

さあさ、はじまるよー!
よってらっしゃい。
見てらっしゃい。
いつものくだらないスギーリトルバードブログが!!
さあ、幕が上がります。
最後まで楽しんで下さい。
当ブログをご覧のみなさんに幸あれ!!






できるだけ頻繁に更新しよう、と心掛けてブログを書いております。クオリティに差があるのは、ある程度仕方がないとして、毎日もしくはほぼ毎日更新する事に意味があるのかな、とも思っています。

それと、同じで楽器練習も同じだと考えています。内容はともかく、毎日少しでも触ること、これが大事だと考えてきました。旅行にも小さなギタレレやウクレレを持って行っていた。

しかしこのところ、まったくギターを触らない日が続いております。



「こんな事ではダメだ! 元々ない技術がもっとなくなってしまう。世の中には演奏が上手い人がいくらでもいる。だから下手の横好き程度の私の演奏が下手くそなのは当たり前なんだ。練習をしないから下手なんだ。だから、そこそこのライブしかできないんだ。練習しないのなら、楽器なんか捨ててしまえ! 練習もしない私の作る音楽なんか誰も良いと思ってくれるはずがない!てめえのライブに客が来ねえのはてめえの演奏も歌もライブも下手くそだからだよー!!」

等と以前ならパニックになり、涙を流しながら練習したものでしたが、近頃は脳味噌がインポテンツなのか、あせるどころか、何も思いませんし、感じません。無です。


8月28日に音家松林商店でのライブが1本決まりましたので、それに向けて、また練習しないといけないのですが、気持ちが上向いていくのでしょうか。


不安でもう3日寝ていません。寝ようと思うとますます眠れません。しかし、生活や体調に全く影響がないので、このまま起きれるだけ起きていようと思っています。365日ずっと起きれたらいいな、とまで思っています。


365日はさすがに冗談ですが、ライブの日くらいまで続いたら、おそらく「マシニスト」の時のクリスチャン・ベールの様な風貌になっていると思うので、そんな私を見に来てください。よろしくお願いします。  


Posted by スギーリトルバード at 22:07Comments(0)日記