2017年07月21日

嬉しい事や悲しい事が待っている



忌野清志郎が死んだ時、私は何も思わなかった。

友人との旅行中で、その帰りの車中で友人の携帯電話に別の友人から連絡が入り、それで訃報を知った。その友人は涙目になっていた。私は「そうか。残念だね。」とつぶやいただけだった。



大滝詠一の訃報を知ったのはTwitterだった。

「デマかな」と思い、ぼんやりしているとテレビのニュース番組などでも流れ出して段々と現実味がわいてきたのをおぼえている。その後、友人に会ったら「ニュース番組を見ていたら泣いてしまい、妻に気持ち悪がられた」と話してくれた。私は「死因が冗談みたいで大滝詠一らしいな」というツイートにウンウン頷いただけだった。


どちらも尊敬しているミュージシャンで神様みたいな存在だったので、私も悲しかったが、みんなが感じるほどは悲しんではいなかった気がする。





日課である音楽サイトのニュースをチェックしていると、昨日と今日と続けて2人のミュージシャンの訃報を知った。

1人は京都の若いミュージシャン。

所属しているバンドのグループ名をなんとなく見たことがある程度で、音源やライブは勿論まったく知らない。某音楽ライターの追悼ブログも読んだ。



もう1人はアメリカの超有名バンドのボーカリスト。

私は好きではないが、私の世代には神様の様な存在であると思う。周囲にもこのバンドが好きな人がたくさんいる。今日は皆が追悼している事だろう。



私から遠いこの2人のミュージシャンの訃報がなぜかとても悲しかった。

下手すると涙が出そうなほど、心にズシンと重い何かが入り込んできた。

尊敬するミュージシャンの時よりも悲しかった。

理由はわからない。

人の心は不思議だな、と思った。  


Posted by スギーリトルバード at 23:14Comments(0)日記

2017年07月14日

パーフェクトヒューマン



「アベ政権の支持率が30%台になりましたが、まだそんなにも支持している人がいて悲しいです。」

というものを見た。一言一句正確ではないが、ほとんどこのままで、意味は絶対に間違っていない。





私の父親は自民党支持者だ。

父なりに考えもあるようだし、誰かに強制されたわけでもなく、父の意思でそうしている。ニュースソースなどは偏っていると私は思うが。


たまに実家に帰れば、テレビを見ながらくだらないことを言うので私とよく口論になる。(私は安倍首相のことは気に食わない。やり口がせこい。やるならこちらが呆れるほどの大悪党のやり方すればいいのに。)


だけれど、それで父親のことを嫌いにもならない。それぞれの考え方があるだけだ。





貴様らと政治的に立場が違うだけで、悪いこともせず、真面目に懸命に生活している私の父親を貴様らは悲しいというのだ。30%の側にいる人を悲しいというのだ。

よくそんな物の言い方ができたものだ。

私の父は悲しくなんかない。

人が少しでもずれた事を言ったり、自分の意見側にいないと徹底的に叩き潰しにかかる貴様らがどれだけ立派な人間なのか、誰か私に教えてくれ。



  


Posted by スギーリトルバード at 23:01Comments(0)日記

2017年07月12日

ドゥユリメンバーロックンロールレディオ



以前よりラジオがずっと好きになってきた。

radikoというアプリケーションが便利でとても使い勝手がいい。プレミアム会員になればエリアフリー、タイムフリーで聴取できるようになったので、以前から気にしていた番組も聞ける。それでより身近な存在となったのだ。

最近は何事も痒いところに手が届きすぎるので便利半分恐怖半分といったところだ。諸々の心の狭い人間が多くなったのはこの辺りが原因だと私は睨んでいる。お客様は神様じゃない。




最近のお気に入りはTBSラジオの「オーディナリーミュージック」という番組で、毎週日曜日と月曜日に様々なゲストが番組内の音楽を選曲する、というもの。

元々、他人がチョイスする音楽(DJやミックスCD・テープ、spotifyのプレイリストなど。spotifyのはイマイチなのが多いが) を聴くのが好きなので、毎回興味深く聞いている。

私はかなり保守的なところがあり、自分主体だと無難なところにしか手を出さない。冒険心がない。

ラジオなら、向こうから勝手に知らない曲がやってくるので、なかなか手が出ないジャンルも面白く聞ける。あとは、CDなら飛ばしてしまう様なつまらない曲も最後まで聞く。面白いばかりはつまらない。つまらないという事も豊かさの1つだ。




ここ最近で1番良かったのは横山裕章さんの回。


全編にわたりアンビエント、ドローン、ミニマルミュージックばかりを選曲。(プレイリストを見たが、マックスリヒターしかわからなかった。)


私は労働中にタイムフリー機能で番組を聞いていたのだが、気持ち良くて気持ち良くて作業中にクラクラして白目を剥いた。

単純作業と上記の音楽は相性が良くて作業効率が上がると思うので、日本中の工場はアンビエントミュージックかミニマルミュージックを流せばいいと思ったほどだった。もしくはハードコアなテクノかハウス。


全国民がもっと豊かな音楽を聞いたり興味を持ったりすれば、政治も経済も確実にまわるor変わる、と私はずっと思っている。  


Posted by スギーリトルバード at 19:37Comments(0)日記

2017年07月08日

心象風景周遊中



当ブログをご覧の皆様、お久しぶりです。ご機嫌いかがでしょうか。九州の方々には無事を祈ります。本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。

アベ政権のせいで原付のヘッドライトが切れて困っているスギーリトルバードです。





普段はアホみたいに口を開いたまま原付にまたがり、御坊の街をのらりくらりと通勤しているのだが、ここのところは雨が続いているので妻の軽自動車で通勤している。(マクラに書いた通り、原付のヘッドライトが故障していて修理中、という理由もある。)


半年ほど前に購入したこの車には、CDを録音する機能があるカーナビゲーションシステムが搭載されているのでコーネリアスの11年!ぶりの新譜「MELLOW WAVES」を録音した。車中は6月後半から毎日そのアルバムが流れている。(以前の私達の車のカーステレオは、CDが壊れて聞けずにMD!を聞いていた。友人のセレクション。)

ゼロ年代前半に流行したシンガーサーフライダー達の作品にありそうなタイトルだが、タイトル通りメロウな楽曲が揃っている。ウェイブは音の波形のことだ、と勘違いした深読みしても楽しい。

前々作「POINT」前作「SENSUOUS」で確立されたコーネリアスの音楽性は変わらず今作も前作の延長線上にあり、目新しい変化はパッと聞いただけでは皆無だ。それよりもより深いところにいった印象だ。

コンピューターのソフトで徹底的にデザイン、設計、計算された「THE音響芸術!!」いうイメージだが、ちゃんと聴くとものすごくポップで、難解さとポップさが入り混じっている。そこの部分が私はとてつもなく好きだ。なんだかんだ言っても「歌もの」であるところも。

難しいことをやさしく、やさしいものは深く、深いものはおもしろく、という感じだ。(これを言ったのは誰だったか。)

何事も難しいものを難しいままやるのは簡単で、ポップさと高度な技術などが並列にあるものは少ない。アイデアや発想や表現方法が良いのだろう。私は生まれつき頭が悪いので、その辺のことはよくわからないので専門家にまかせよう。

とにかく何周聴いても飽きないし、一周目は聴くのをやめたくなくて最後の曲が終わるまで意味もなくドライブをした。今でも少し遠回りして家に帰ったりする。

たくさん音楽を聴いてきたが「まだこんなティーンネイジャーの様な気持ちで音楽を聴けるのか!」と思うと不思議だ。



一億総活躍だかなんだかのダサいスローガンに従って、現在の我が国の国民は、全員が何かしらの評論家気取りになり、知識も経験も文章力もないのに、これ見よがしに星をつけたり評価をしたりしている。

そういうのはプロがいるので、プロに任せようじゃないか。

というか単純に「お前のクソみたいな感想なんか聞きたかねえ!」と私なんかは思うので、みんな普通にただ音楽を聴いて、楽しく踊ったりはしゃいだりしようよ。

  


Posted by スギーリトルバード at 12:56Comments(0)日記

2017年06月13日

リラックスオープンエンジョイ




当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがでしょうか。本日も最後までお楽しみ下さい。




「⚪︎月⚪︎日⚪︎時に発表があります」という情報を前もって流す必要ってどこにあるのか教えて欲しいスギーリトルバードです。

「⚪︎月⚪︎日発売決定」や「⚪︎月⚪︎日から鮎釣り解禁」というのとは全然違うロジックだ。予約の予約、みたいな事なのか…。




cafe&bar HUGでのライブ終了。
お越しの皆様、ありがとうございました。

主役の絵描き、たるいさんの個展のオープニングパーティーを一本松さん、メトロロと共ににぎやかに盛りあげれたのではないでしょうか。





大入りの大盛り上がりで、
私自身の演奏の方も楽しくできた。

明るく楽しいライブにしようと思って挑み、珍しく思惑通りにライブができた気がする。今後の方向性にも光が差した!! シャインザライト。





フェスかライブサーキットかの様に、私の時間に露骨にぞろぞろと帰る方達がいて、非常に悔しい思いをしたが、それは私の音楽性や品性、人徳、顔つきや目つき、その他もろもろが悪いせいだと思うので腹におさめ、ブログに書いて発散することにした。

因果は応報する。
繰り返される性的衝動。






そして何度もしつこく書いて申し訳ないですが、これで一旦の区切り。しばらくライブは休止。


気にかけて連絡くれた方や、
ライブに来てくれた方、
遠方からお越しの方もいらっしゃって、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ずっと気にしてたあの子やあの人が音楽活動を再開したり、バンドメンバーを探していて見つかりそうだ、というニュースを聞いたりして「みんな音楽から離れられないんだなあ!」と嬉しい気持ちでいっぱいだったのだけれど、巡り合わせというやつだろうか。

色々とうまくできているな、と思うこの頃。



ブログは気が向いたら書くつもり。

内容はほとんどが「うちとこの子可愛いでしょう」というオーラが暴力的に漂うペットの事か、政治的な事か、妻とのデートの様子などになると思う。

音楽活動は軽やかに再開する予定です。




  


Posted by スギーリトルバード at 19:19Comments(0)日記

2017年06月06日

刮目せよ!



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがですか。本日も最後までリラックスしてお楽しみ下さい。


妻のブログが楽しいので「どこか趣味の良い出版社が単行本にでもしてくれないかな」と思っているスギーリトルバードです。リトルモアとかいいかも知れない。




6月に入り、すでに2週目。
運命の6月。
運命のファンク。
街角のファンク。

そして今週末10日土曜日、
和歌山市のcafe&bar HUGで
ライブがあります。


どういうライブかよくわかってなかったのだけれど、どうやら絵描きの方の個展が開催されるそうで、そのオープニングイベントの様だ。


一本松さん
メトロロ

とお馴染みの共演者。

ある種のマニアや
一部の好事家には
よだれもののラインナップ。

そして会場が、スーパー銭湯ユーバス和歌山店の近くなので、風呂に入ってさっぱりした後にお店に来てお酒でも飲みましょう。

スマートフォンの画面をのぞいて、
SNSに必死になったり、
暗いニュースばかり仕入れては、
イライラしてばかり。

そんな必要なんて
1ミリもありません。

確かに暗い世の中です。
音楽を聴いて楽しんだ人達を
狙う卑劣な奴だっている。

でもやっぱり週末には音楽を聴いて
楽しい気持ちになりましょう。
少しくらいは踊ったり、
はしゃいだりしましょう。

私達は各自の生活を美しくしなければいけません。



  


Posted by スギーリトルバード at 19:22Comments(0)日記

2017年05月23日

休憩明けはモアベターよ。



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがでしょうか。本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。


理論、倫理的にどれだけ正しい事を言っていても「安倍死ね」「マスゴミ」「害親」「カスラック」などの言葉を使うお前を信用はしないし、その時点で「お前もたいがい○×△やな」のスギーリトルバードです。

1600年だって2017年だってバカはバカだよ。時代なんか関係ない。






「エイジナイト」
「夏が来る前に」

先週末のライブが終了しました。

お越しの皆様、主催の方、共演者のみなさん、どうもありがとうございました。



両日とも共演者がみんな良い音楽をしていた。(土曜日はアンダーグラウンドな匂い、ベアーズ的というか。日曜日は全員から古き良きアメリカの匂いがした。振れ幅が凄かったけどね。)

それで刺激されて私もいいライブができたと思う。珍しく達成感みたいなものを感じた。

友達にも懐かしい顔にも会えて、久しぶりにたくさんお酒も飲んだし、たくさん色んな話をした。

最高に気持ちの良い二日間だった。















少し間があいて6/10(土)@cafe&bar HUGにライブがあります。

以前からお知らせしている通り、この日を最後にしばらく音楽活動を休憩します。  


Posted by スギーリトルバード at 12:23Comments(0)日記

2017年05月16日

バー ワカヤマ 風、光、水




当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがでしょうか。本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。




友達から「あの人達はB'zをコブクロで割り算した感じの音楽だね」という説明を受けて「お手軽な地獄」と思った。

「わー。和歌山に○○来るんやー。」とコメントをしておけば音楽好き・詳しいアピールになると思っている人達へ。YouTubeの見聞きでわかった気になってるのは音楽好きとは言わないからな!!と叫びたい。

勧善懲悪で片付けられない様な繊細な問題を手前側の理屈ばかりをSNSでかましてくる奴に「うるせえ!」と怒鳴りちらしてやりたい。

お洒落な生活なんだか共有の世代だか何だか知らねえが、調理中の鍋を携帯電話か何かで動画を撮影し、それをSNSに投稿する奴の料理なんか絶対に美味いはずがない。単純に料理に集中しろ!!

その全部がスギーリトルバードです。





前回の投稿でお知らせした通り、活動休止前のライブが今週末の土日と続きます。



5/20(土)@music cafe MILI 和歌山市

こちらは「エイジナイト」

2度目の出演。
そしてスリーマン。

ラインナップは首謀者のエイジさんチーム。
はじめましてなので未知との遭遇ですが楽しみ。

そして右肩上がりの昇り竜ペニー・スーさん。なんだかんだと顔は合わせているものの出演者としての共演はかなり久々。

と、私の三組。

和歌山の中年の濃いところ。
気合いを入れていきたい。
負けられない戦いがそこにある。




そして翌日
5/21(日) @北町茶屋いっぷく


湯浅の名店いっぷくで、くうねるさん主催のイベント。

グッドミュージシャンばかりの五組。
出演者に絶妙に共通点があるので、古いアメリカ音楽が好きな方は骨の髄まで楽しめそう。

こちらは飲食持ち込み自由。
会場が古民家カフェなので、
お座敷でゆったりライブ鑑賞できるし、
もはや宴会ですね。
早い時間から一杯やりましょう!





「どちらか」「どちらも」でも大丈夫。


音楽を聞いて、楽しい週末を過ごそう。


http://sugylittlebird.tumblr.com/
  


Posted by スギーリトルバード at 22:18Comments(0)日記

2017年05月08日

天使に触れたよ




当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがでしょうか。
本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。




3度の食事、恋人とのデート・旅行・おでかけ、友達とのティータイム・飲み会、職場での活躍ぶり、帰郷した友人達とのBBQ、生活のほとんど全てを毎日毎日せっせとお洒落で華麗に軽やかにSNSに投稿してくれるもんだからスギーリトルバードは会った事もないあなたの恋人やあなたの友達、友人の子供の顔をとうとう覚えてしまったよ。







先日のOLDTIMEのライブのMCで少し触れましたが、現在決まっている3本のライブで、しばらく音楽活動をお休みします。


その理由は公表したくないので、
ブログやtwitter、その他SNSでは発表しません。

お会いできた方には直接話そうと思っています。
メールや電話でもお応えします。

ブログを続けるかどうかは悩んでいます。
いったん保留。


お誘いいただいたライブもいくつかあり、
こちらの勝手でお断りし、
ご迷惑かけたかもしれません。
申し訳ありません。


というわけで、
残り少ないライブを
是非見に来て欲しいです。

また新しい音源も
ライブ会場のみの販売になりますので、
こちらの方もよろしくお願いします。

嬉しいことに、
好評の声をいただいております。



・5/20(土)@music cafe MILI 和歌山市
・5/21(日) @北町茶屋いっぷく 湯浅町
・6/10(土) @ cafe&bar HUG 和歌山市

各詳細はHPで確認して下さい。


http://sugylittlebird.tumblr.com/
  


Posted by スギーリトルバード at 18:50Comments(0)日記

2017年05月04日

私達の望むものは…。



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがでしょうか。本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。




「社員旅行に行って来ました。では、みなさんも旅の様子をお楽しみ下さい!」のコメントと共に60枚もの画像をアップ。自分が参加していない旅行の写真をこちらが望んでもいないのに見せられる以上の苦行をスギーリトルバードは知りません。




OLDTIMEでのライブが終了。
お越しの皆様、ありがとうございました。


盟友であり、ライバルである、
メトロロとのツーマンでした。

持ち時間が多かったので、初披露の曲やいつものレパートリー以外にトライしたセットリストで臨んだ。うまくいったのもあったし、もっと練習や改善が必要なのもあった。

加えて、新しい音源の発売の事もあり、気合が空回りした様なステージだったかも知れない。




楽しかったけど、もっと精進しないといけないです。

満足なんかいつまでも得られないかも知れないけれど、いつだって本当に良いステージをもっとできる様になりたい。





  


Posted by スギーリトルバード at 06:30Comments(0)日記