2017年09月18日

歌いたい歌がある。私には描きたい明日がある。




当ブログにお越しの皆様、ようこそいらっしゃいました。本日も最後までリラックスしてお楽しみ下さい。





「哭声/コクソン」と「沈黙/サイレンス」を続けて見たら発熱したスギーリトルバードです。





10.9(月・祝)、御坊市のモーニンググローリーというバーでのライブが決定しました。

活動休止だなんだと言いましたが、やります。

(8月に和歌山市のお店HUGさんの周年パーティーで演奏しましたが…。)


今までの様なペースでは無理ですが、これ以降もタイミングの合いそうなものには出ようと思っています。



詳細はHPに載せておきます。

各方面のみなさま、
どうぞ、よろしくお願いします。


http://sugylittlebird.tumblr.com/
  


Posted by スギーリトルバード at 07:26Comments(0)日記

2017年09月14日

パリの友だち



当ブログにお越しの皆様、どうもこんにちは。こんばんは。そして、さようなら。

本日も最後までリラックスしてお楽しみ下さい。

セックス、ドラッグ、天下一品こってりラーメン。スギーリトルバードです。




MUGAMICHIRUのライブは先日の記事の通りなのだけれど、前座の内の1組、DELTA HILLが素晴らしかった。

蒸発都市ヒダカ君、お寿司のともみのともみちゃん、春の訪れを告げる大天使エイジさんのトリオバンド。


僕はこの日が初見だったがメインと遜色のないライブだったと思う。

2000年前半によく聴いていたdiskaholic anonymous trioを真っ先に思い浮かべた。(これは単純に編成が似ているせいかもしれない。)


恥ずかしい事に、僕が最近まで知らなかっただけだろうけど、和歌山にこんな音楽をかます人がいて驚いて嬉しかった。

おそらくあとはbirth for nil君くらいだろう。


知り合いという贔屓目を抜きにしても、とても素晴らしくて、私は会場の後方でオイオイと泣いてしまったのだ。






このライブの日から発売というCDも購入し、家でさっそく聴いたのだけれど、音楽そのものは勿論、デザインもよくて、モノとして素晴らしい。

5曲入り500円。

普通にみんなが買うべき‼︎



ここ何年かで

「和歌山って意外と面白い所だよな」


と強く思っている。


  


Posted by スギーリトルバード at 23:17Comments(0)日記

2017年09月12日

2愛+4愛



当ブログにお越しの皆様、どうもこんにちは。こんばんは。本日も最後までリラックスしてお楽しみ下さい。


「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」めちゃくちゃ面白い映画! スギー in the skyです。 現代科学技術の恐ろしさよ!!





ナカコー、ナスノミツル、中村達也のトリオバンド、MUGAMICHIRUのライブを見て来た。


私の様なアラフォーにはオールスターチームの様なグループ。各メンバーの名前を見て、ピンと来ないなら色々やめとけ!

演奏のジャンル分けを大雑把にすれば、フリー、ノイズ、アンビエント、インプロビゼーションといったミニマルでエクストリームな音楽になると思うが、このグループのライブはとっつきやすくて気持ちいいし踊れるし、加減が絶妙ですげー勉強になった。

インプロにみえるがキッチリ計算された感じの印象もあり、結構ガチガチに設計された部分や、4拍子+5拍子の変拍子もあったりして、1曲1曲といった感じでわかりやすく、その辺もあって終始飽きのこない演奏だった。わりと長い時間やってたと思うが、あっという間にライブが終わった印象。

脳みそ開きましたね。
ジンジンしびれた。


あと、本番前に現れた中村達也の姿に背中がゾクゾクしました。震えるほどの色気。  


Posted by スギーリトルバード at 21:55Comments(0)日記

2017年09月05日

書を捨てよ 街に出よう




ポパイの「本屋が街から消えたら大変だ」の号がアマゾンのランキングで1位だったというネタがかなり好きなスギーリトルバードです。

当ブログにお越しのみなさん、ようこそいらっしゃいました。リラックスして最後までお楽しみ下さい。





するっと枕を復活させてみました。


音楽を聴く。
漫画を読む。
楽器の練習をする。
映画やテレビドラマを見る。
酒を飲む。

平日も休日も僕は、このどれかしかやりたい事もやれる事もない。

あとはネットショッピングやネットサーフィンをするくらい。

御坊では欲しいものが、実店舗で本当に全く手に入らないので、インターネットに頼らざるをえない。あんなに敬遠してたのに、今じゃあ私は立派なアマゾネスでございます。




そして、ネットサーフィンではなるべくネットニュースなどは見ない様にしています。というか、コメント欄ですね。

ニュース自体も文脈ないし、前後の流れも切り取ってるから相当危ないです。

あと、僕はyoutubeを優秀な試聴機として活用しているのですが、コメント欄とか本当に酷い。

これについては春日太一さんがすごく良い事を言っていて、激しく同意。どういう形でもちゃんと金を落としましょう。

とにかく感動と感心、感銘を受けました。勘九郎。勘三郎。菅直人。菅野よう子。神田うの短刀取れ。CANのシングル集が欲しいです。





そんな風に過ごしているので、労働と食料品・日用品の買い出し等、必要最低限の事以外で、僕はほとんど外出しなくなりました。

かつてはアウトドア派で、その頃からは考えられないほどインドア。

先日、スーパーマーケットで知り合いに偶然会った時も

「えっ?御坊におんの? 俺、スギーリトルバードは頭がおかしくなって県外に出て行った、って誰かから聞いて、どうりで最近見かけへんと思ってたんやけどー。」

と言っていました。

これは楽しいので、ドンドン噂をまわして欲しいです。






そんなだけれど、昨晩とある用があり、久しぶりに夜間に外出したら、途端に面白いことに出くわしました。

外にいたのは、ほんの1時間くらいだったのに。


内容はここでは書けない事なんでやめておきます。

もったいつけているのではなく、ギリギリでアウトな話なのです。


やはり外は面白いですね。  


Posted by スギーリトルバード at 21:18Comments(0)日記

2017年09月03日

全てのルール、ちょっとだけ忘れて



一見すると、正しくてもっともらしい事を言っている様に見えるけど、実際はネットニュースやSNSにかじりついていて、それに飛びついて発言してるだけの野次馬ことスギーリトルバードです。

裏もとらないし、お前らの反対意見も関係ねえ。
俺は自分が絶対に正しい!!





主義や主張は置いておいて、単純に、


ミサイルが飛んできたら怖いな、

とか、

核実験してそれが兵器となって攻撃されたら怖いな、

とか、

日本じゃなくてもどこかを攻撃するつもりだったら怖いな、


という気持ちなんですが、そこにヤイヤイ言う人のゴールはどこにあるんでしょうか。


これをキッカケとした争いを求めてる訳でもないし、半島の人を悪く言うつもりもないし、そもそも、とりあえずはたらればの話だし、僕は、たらればで終わって欲しいと思う。

でも、絶対にそうはならない保証もない。



フラットな気持ちで怖がる事さえ、ケチをつけられる世界ってなんなんだろう。

君達の正義や意見に、僕達は何がなんでも従わないといけないのかな…。  


Posted by スギーリトルバード at 22:01Comments(0)日記

2017年09月03日

それが(夜中)三時の子守唄



楽器のテクニックは抜群なのに、選曲の趣味の悪さ、そして、そもそもライブ自体が面白くないスギーリトルバードです。

ミサイルの方が圧倒的に暴力。

また発射され、人の住む所に落ちたら、あっという間に何人も何十人も何百人も何千人も何万人も死ぬ。




元々は寝つきがよくない方で、放っておけばいつまでも起きている様なタイプでした。
かつて72時間起きてたこともある。

酒をガブガブ飲むようになってからは、気絶するので毎晩よく眠れますが、ごくごくたまにまったく眠れない夜があって、そんな時に聞く音楽があります。


Gグールドの「ゴルドベルグ変奏曲」(1981)

すごく小さな音で流すといつのまにかぐっすりと眠れるのです。

いろいろ試した中で、今のところのベスト。


そして、その安眠BGMに
アン・サリーが加わりました。

最近はこのツートップ。


結婚した頃、妻がアンサリーを流しながら寝ると確実に眠れると言うので、試してみると効果は絶大。

思い込みによるところも多少はあるとは思いますが。

寝室には音楽を聞くシステムがないので、iPhoneでyoutubeにあるリストを適当に選んで聞くのですが、どのリストでも大抵3曲くらいしかもちません。


盤は「ブランニューオリンズ」が好き。
これの「ベイジンストリートブルース」と「胸の振り子」が素晴らしい。




当たり前といえば当たり前だけれど、布団以外で聞くと眠くならないのも不思議です。

去年見たイベントでの演奏の時はむしろ最高でけっこう酔っ払ってたけど、ギラギラしてきた。

何個か後の土岐麻子ではサウンドチェック位からウトウトして、本チャンは2曲くらいで寝てしまった。

トリオ編成でギターがKIRINJIの弓木さんで、鍵盤はシュローダーヘッズの人で、よくよく考えるとまあまあ贅沢なことをしました。


最近、偶然youtubeで見つけたんですが

daniel schmidt 「in my arms, many flowers」

も最高。

普通のリスニングでも、
安眠BGMとしてもいける。

http://youtu.be/MKNQ5ICFzXE

盤、欲しい。





佐藤タイジの話が凄く良くて、頭が開く感じがして気持ちよかったです。

同じテーマで話をしても嫌悪感しか湧かない人がいるのですが、あれはどういう仕組みなのかよくわからないですね。
  


Posted by スギーリトルバード at 07:09Comments(0)日記

2017年08月31日

最後から二番目の恋




ブルースとは3コードの12小節の単なる形式で、主にクラプトンの様なリードギターを弾きまくることだと思っているスギーリトルバードです。

ブラインドブレイクって何すか。
それ、美味いんすか。




結局、文句を言ったり難癖つけたりするのがわかっているのに、嫌いなものや苦手なものも、一度見たり聞いたりする癖が僕にはあります。

音楽や映画やテレビや何やかんや全て。

臭いものを2度嗅いでしまうタイプ。

押すなよ、って言われたら
悩むタイプ。

とにかく

苦手だろうが
一度は通っておかないと、
フェアじゃない、

とずっと思っていたのです。


そして、なるべく、自分と反対側の意見も
入れる様にもしていました。

片方だけが絶対に正しい事なんか
この世にひとつもありません。






ですが、そろそろ疲れてきたので、そういうことからもう離れてみようと思います。

つまらない映画とか音楽ならまだマシだけど、その他の色々は最近はしょうもないのが多すぎて、得るものがないし。

というかね、相手にしないのが1番だね。
相手にした時点でこっちの負けだわ。

土俵に上がらないこと。

いくら真っ当な事を言っても
同じステージで戦った時点で
相手と一緒。


やめるやめる、と言って、
やめれないのも毎度のことなので、
そこも頑張ろうと思います。






職場の(仮)田中さんが狂人過ぎて毎日のストレスが半端ないので心に余裕がないのが大きな原因のひとつですけどね。

いつかまとめて長く書きます。  


Posted by スギーリトルバード at 21:47Comments(0)日記

2017年08月29日

アイ キャント オールウェイズ ゲット ホワット アイ ウォント



「J-POPナンバーをボサノバアレンジにしてカフェで流してどーたらこーたら」と揶揄したり批判したりするのに、「ゲッツ/ジルベルト」しか持っていないスギーリトルバードです。

今年はジョビン生誕90周年らしい。
死んでるけどね。

伊藤ゴローさんのトリビュートアルバムも欲しい。




「今日中にまた撃って来るのか」

「もし国内に撃たれた場合はどうしたらいいのか」

「今後の動向は」

などなど、北朝鮮のミサイルの情報が欲しかったので、労働の合間合間にインターネットで色々と検索したりしていたのですが、右か左に極端に偏った情報ばかり目に付いてしまい、知りたいことが検索できなくて愕然としました。

信頼できそうなソースでも、余計なノイズのようにコメントが目につくので、どうしたらいいかわからなくなった。


「いよいよ」の時は、

「簡単に混乱して、簡単に命を落とすなー。」

とわかりました。


それと、

アラートでも鳴れば文句を言って、
鳴らさないと、
それはそれで絶対に文句を言って、
ミサイルは戦争プロパガンダと言って、
またそれに噛み付いて、
3.11の時にお前らがした事を
俺達は憶えているぞ!
とか検討違いの事を言ったりして、

どの立場からでも、
あんたらのゴールはどこにあんの?

って心の底から思いました。  


Posted by スギーリトルバード at 20:59Comments(0)日記

2017年08月28日

土曜の夜 風の中 とっても自由な気分さ



勤めている工場では、二人一組で作業するのですが、そのパートナーの(仮)田中さんが心の底から嫌いなスギーリトルバードです。

どの様にどれ位嫌いかを説明すると、パソコンが爆発するくらいのテキスト量になると思うので割愛。





会う時は250%の確率で、ひどく泥酔している知り合いがいて、僕もさほど変わらないのだけれど、毎度「愚かだな、この人」と思う人がいます。

だけど、お酒や何やかやの酩酊するものの楽しさ・良さは、その行動や言動の愚かさからくる笑い話だったり、日常から解き放たれた感覚を得られる事で、そういうことは僕は嫌いではないし、ナイーブな私達が素面で渡り切れるほど、世界は良くもない。


そいつとは連絡を取り合うほど仲は良くないけれど、飲み屋やライブハウスやクラブ、街中で偶然に会うのをいつも楽しみにしています。


時たまアルコールやタバコを、原発や安倍首相と同じ位にもの凄い熱量と情熱を持って敵視する人と出会いますが、あれは一体なんなんでしょう。そして、お前が喫煙者を嫌うように、俺もお前が嫌いだ。


また横道にそれました。
横道世之介。





その人に少し久しぶりに会った。

ライブハウスで、バンドが演奏している中、小さなグラスを片手にヘラヘラしながらフラフラしながら、僕にむかって近寄ってきて、

「ぐへへへー。 地元にかっこいいバンドがいて、それを支えるイベントや仲間や友達や客がいて、音を鳴らせる場所があって、しかも、それが続いているのは素晴らしい事だなー! 田舎でも関係ないなー。ぎゃはははー。」

と言いました。

物語で愚者や道化が真実を語るように、

「酔っ払いもたまには良い事を言うな!」

と思った、そんな夜でした。







朝の連続テレビ小説「ひよっこ」のナレーションが回を追うごとにひどくなってきていて幻滅しています。

あれは「丁寧」だとか「わかりやすく」とかではなく、「野暮」だと思います。



「このシーンは、こう見てください」

という指示である場合もあったり。


私の考えでは、思考を停止した時点で終わりです。

あの演出では、視聴者は何も考えなくなります。

しかし、それを求めているのは私達なのです。  


Posted by スギーリトルバード at 19:47Comments(0)日記

2017年08月27日

西瓜 SUPER LOVE



野菜ソムリエのいるイタリアンレストランがある、と聞いた途端に、その店に行ったこともないのに「俺の方が絶対に素材を活かした美味いイタリアンを作れる」と豪語したグルメを知っています。彼は料理人ですらありません。

スギーリトルバードです。


お為ごかしだろうが、偽善だろうが、一年に一度の24時間くらいはテレビから、自分がいかにヌクヌクと生活しているかを確認するのもいいんじゃないかと、この年齢になってやっと思いました。


忘れる、知らない、関係ない、

というのが1番罪深いんじゃないかなー。



何にもできない・やらない僕や君やお前らは永遠に、ネットでコソコソとブツクサと文句を言ってりゃいい。  


Posted by スギーリトルバード at 19:28Comments(0)日記