2017年02月20日

北から南から色んな人が 毎日家を離れ夜汽車に揺られ



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがでしょうか。本日も最後までリラックスしてお楽しみ下さい。


自分のいるジャンル以外に
興味がないお前みたいなDJは、
今すぐターンテーブルを叩き割っちまえ!!
スギーリトルバードです。





先日も書きましたが、
今週末にLiveがあります。


まずは25日土曜日。

和歌山市はMOMENTSで、

ゆうき(オオルタイチ+ウタモ)
「あたえられたもの」リリースツアーin和歌山
に参加します。

あのオオルタイチさんと一緒になるとは!
しつこく音楽を続けてきて、よかった。




明けて26日日曜日は太地町。

幸助屋という元八百屋を
リノベーションした会場で。

南和歌山のミュージシャンと
触れ合えるのが楽しみです。

写真展やフードなどもあるらしいのです。

少し早い時間帯なので、
ドライブがてら、どうぞ!!




詳細は
ホームページか画像で
チェックして下さい。

http://sugylittlebird.tumblr.com/  


Posted by スギーリトルバード at 21:10Comments(0)日記

2017年02月17日

花束を君に



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがでしょうか。本日は少しキツめの飲み物を用意してリラックスして楽しんで下さい。


奪い愛、冬。そしてスギーリトルバードです。






昨晩OLDTIMEで行われた

「Oh! エネルギー!」

終了しました。

ご来場された方、ありがとうございました。
かなり久しぶりに会えた方もいて、嬉しい限りです。




はじめましての共演だと思っていた、ヘベレ★ケラーaka小川アキオさん、よく考えると一度、イベントで一緒になっていました。

ステージで演奏がはじまると、その独自の歌世界でピンと記憶が蘇ったのです。レヴェナント蘇りし者!!


そして、その名の通り、ええ感じの酔っ払い。ある種の同じ匂いがプンプンしました。
ちなみに見た目がリトルクリーチャーズのドラムの人に似てる。やがて同一人物になる級。





そして、私。
アキオさんにつられて酔っ払いたくなりましたが、グッとこらえて真面目に演奏。
課題は残るものの、うまく演奏できた気がします。ちょっとしたトライもできたし、人間は少しずつでも成長しなければいけない。






そして、首謀者、杉本たけや君。

私はステージを見るのは初めてだったのですが、王道ロック路線の熱い思いのこもった演奏でした。ウィルソンピケットを挟んだあたりはニヤリとしました。キヨシロー的。


ジャンルに縛られない、という宣伝文句の通り、三者三様。

昨晩も楽しい夜になりました。






次回ライブは25・26と2日連続。

25日土曜日は和歌山市MOMENTSで、
ゆうき(オオルタイチ+ウタモ)の「あたえられたもの」リリースツアー和歌山編に参加します。


26日日曜日は南へ。

太地町、幸助屋。

昨年、知り合ったEver jam family plusにお誘いいただきました。今回はikkaku recordsになるのかな? よくわからないですが。

遊びには何度か行きましたが、
演奏では初めて。

そんな場所、人。落合博満野球記念館。
初めてだらけの太地町です。


どちらも、どうぞよろしく。
  


Posted by スギーリトルバード at 19:31Comments(0)日記

2017年02月15日

セイントバレンタインホーリーナイト



当ブログをご覧の皆様、いかがお過ごしでしょうか。

本日もリラックスしたりイライラしたりしながら最後までお楽しみ下さい。

ギャラ代わりにもらったitunesカードでダウンロードしたにも関わらずLourenco Rebetezの読み方がわからないスギーリトルバードです。中身は最高でした。ブラジル最新型ジャズ。





アコースティックパラダイスでのライブが終了しました。聞いてくださった皆さんありがとうございました。




男ばかりのバレンタインデーライブ、楽しかったです。はじめはステージにも客席にも本当に男しかいなかったのです。

出演者のみんなが「モテたい!女性にたくさん来て欲しかった」という気持ちをMCで表していて、よかったです。そういう気持ちのこもった演奏もグッときました。

その皆んなの気持ちにつられて私も良い演奏ができたと思います。新曲も発表できましたし。





ただ、私はある時から妻以外の女性を、悪魔か異次元世界の生き物だと思っていて全く誰も信用できないので、「モテたい」など、女性から良く思われたいという気持ちは全く湧かないのですが、「自分を魅力的に感じて欲しい」という気持ちを持つのはとても大事な事だと思っていますし、そう強く思いました。(映画やテレビで見る、現実に私と関わりのない女優さんやタレントさんの事は女性として大好きです。黒島結菜ちゃんとかいいですよね。)


しかし、途中、女性の方が来場され、なんとかバレンタインデーらしくなり、しかも、その女性は出演者やその他みなさんにチョコレートを配っていて、私もいただきました。その光景はまるで「天使か救世主か何かその様な神聖な類のものか!」と私は思いました。一筋の光を見た!!


と、その様な素敵な夜だったのです。
ホーリーナイト。




そして明日2/16(木)も同じくOLDTIMEでライブです。素敵な夜は続くと思います。


面識はありますが、共演するのは、どちらも初めてのお二人とスリーマンです。

詳細は以下になります。
よろしくお願いします。

☆☆☆

2017.2.16(木)@OLDTIME (和歌山市)

「Oh! エネルギー!」

open/start 19:30/ 20:00

ticket ¥1000+1ドリンク


LIVE

杉本たけや / ヘベレ★ケラー / スギーリトルバード /

OLDTIME
和歌山市北新5丁目70 ひめビル1F
073-428-1950


*予約・取り置きは、コメント、HP、DM、等で受け付けています。

お気軽にどうぞ。

この日は当日料金はありませんので、
予約なしでも、お気軽にお越し下さい。


http://sugylittlebird.tumblr.com/
  


Posted by スギーリトルバード at 12:20Comments(0)日記

2017年02月14日

ウィークデイシャッフル



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかが。
本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。

かつての宝の湯の唐揚げ定食が恋しいスギーリトルバードです。圧倒的少数派の私でも、この意見なら、宝の湯に行った事がある人のほとんどの同意を得る自信がある。






今週は平日にライブが2本。

本日14日火曜日と
明後日16日木曜日です。

スタートと出番が少し遅い目になるので、
お仕事帰りでも大丈夫ではないでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。

予約はどのような方法でもお気軽に。
予約なしでもふらりとどうぞ。

以下に詳細を。

☆☆☆

2.14(火)@和歌山OLDTIME

【アコースティック パラダイス vol.37】
~バレンタイン・キッス(続・男祭り)~

◆ 松本陽太 / スギーリトルバード / つづきやすじ / タイチ(Lost veil)

◆ 20:00開演 / ¥1000+1D


☆☆☆

2.14(木)@和歌山OLDTIME
【Oh! エネルギー!】

◆ 杉本たけや / ヘベレ★ケラー / スギーリトルバード /

◆ 20:00開演 / ¥1000+1D

☆☆☆  


Posted by スギーリトルバード at 12:32Comments(0)日記

2017年02月12日

ワールド イズ マイン



当ブログをご覧の皆様、いかがお過ごしでしょうか。本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。


薄っぺらいヤツほどNO ○○ NO LIFEというフレーズを使いたがるよなあ。スギーリトルバードです。服装や映画、音楽のチョイスはPOPEYEに出てくる人みたいにめちゃくちゃ良いのにペッラペラ。





ジストシネマ御坊で

「この世界の片隅に」

を見て来ました。



「人気が出たからって、今頃上映してんじゃねーよ。だから田舎の映画館はだせえんだよ。」

みたいな意見を某所で目にしました。


バイヤーさんが公開初日から呼びたくても、ジストシネマのような田舎の弱小シアターがそんな事できるわけないじゃないですか。あなたは想像力というものが無いのかな。


というか、そもそも、この映画はクラウドファンディングで資金を集めていた位、元々から規模の小さい低予算映画だった。(大手からの配給もなく、広告もできない、インディー映画の様なものと聞いた。) しかし、作品の力で、評判が評判を呼び、この田舎に届くまでの作品になった、その事の方が嬉しいじゃないか。


ちょっと趣味がいいのか何だか知らないお洒落サブカルが何言ってんだバカヤロー。

山奥のカフェで天然酵母パンでもかじってやがれ。

こちとら爆音でMC5でも聞いてスカッとしてやるぞ!この野郎!





と、出だしから、最低のブログですが、映画の方は最高でした。


原作も読み直したし、(昔はふわっと読んでた)
予習もバッチリで、期待を膨らませて行ったのですが、期待以上、評判通り、予想通りの良さ。


豊かなアニメーション。
ユーモアとシリアスさの加減。
戦争映画としてのあり方。
のん、の良さ。

何度も見たくなる。


こんなに素晴らしい映画が、
世に求められてるなんて、
世界はまだまだ
捨てたもんじゃないのかも知れません。  


Posted by スギーリトルバード at 12:12Comments(0)日記

2017年02月07日

星を継ぐもの。





当ブログをご覧の皆様、いかがお過ごしでしょうか。本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。




久しぶりに見返した「シークレット ウィンドウ」という映画の劇中音楽がフィリップ・グラスだという事を発見してとても驚いたスギーリトルバードです。







日曜、田辺の喫茶ゴリラで
高田漣×濱口祐自のライブを見てきた。

それぞれの演奏と
2人で少しセッション。


濱口祐自のギターは
いつも何よりも歌っている。
どうしたらあんな風に弾けるのだろう。


高田漣のソロは初めて。

歌とギター。
当たり前に全然違うんだけど、
まるでお父さんの様に思える瞬間もあった。
ゆっくりはっきり歌うからだろうか。

音楽の素晴らしさが全部つまっている。
そんな風なとても美しい時間だった。  


Posted by スギーリトルバード at 22:05Comments(0)日記

2017年01月30日

あぁロマンチックに あぁメルヘンチックに あぁ何でもいいから歌おう




当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがですか。本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。


大雪の時は映画「レヴェナント」と漫画の「ゴールデンカムイ」、御坊市の給食センターの件では映画「コンテイジョン」、そして今朝の濃霧は映画「ミスト」を思い出してしまった幼稚なヨーイチ幼稚園ことスギーリトルバードです。しかし「ミスト」のラストシーンは凄いですよね。





土曜、日曜の二夜連続、
和歌山市内でのライブ終了しました。
お越しの皆様、ありがとうごさいました。


どちらも
少し長い目に演奏できたので、
新しいレパートリーや、
長らくやってなかった曲も
披露でき、
大変に楽しく演奏できました。

しかし、
手元がグダグダする事が多くて
反省点も多々。

身体に染み付いていない証拠。
練習あるのみです。

良い演奏とライブを
見せたい、やりたい。

まだまだ長くて険しい道のりです。

ありがたいことに、
2月もライブが数本あります。
どれかに遊びに来て下さい。
どうぞ、よろしく。






  


Posted by スギーリトルバード at 19:40Comments(0)日記

2017年01月24日

一所懸命働く人の事を金の奴隷だってさ




当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかが。
本日もリラックスしたり、歯を食いしばったり、誰かの事を憎んだりしながら、最後までお楽しみ下さい。


無邪気であること、と、幼稚であること、を混同している人が多過ぎて多過ぎて嘔吐してしまったスギーリトルバードです。





なるべく毎日の更新を心掛けていたのですが、書きたい事が思いつかなかったのと、ここに書ける事がなかったからです。

それで、久しぶりの投稿となりますが告知になります。

今週末に2本ライブがあります。

まずは
1.28(土)
毎度お馴染みOLDTIME (和歌山市)にて、
私を含め3組が出演します。




で、翌日、1.29(日)
同じく和歌山市内
音家松林商店さんにて、こちらも3組。




和歌山市、3組のツーペア。


和歌山市内、近郊の
音楽を愛している皆様、
ぜひ遊びにやって下さい。
どうぞよろしく。

詳細はHPで。
続きはWebで。

http://sugylittlebird.tumblr.com/
  


Posted by スギーリトルバード at 23:08Comments(0)日記

2017年01月15日

ゴッド オンリー ノウズ



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがですか。本日もリラックスして最後までお楽しみ下さい。


「お前ほんま天然やなー」って言われてるけど「お前のそれは天然じゃなくて、ただの無神経だからな!」と言いたいスギーリトルバードです。全員天然ってサイコパス過ぎて怖いですわ。






コミックレンタルに躊躇し続けてきたのですが、私の現在の可処分所得ではレコード・CD、本を買って、ライブに行って、映画を見て、漫画まで買う、という余裕がとうとうなくなってきました。



それで、気になっていた漫画はもうコミックレンタルに頼ろう、と思って、いくつかの作品を先週レンタルしてきました。

そのいくつかの中に、ジョージ朝倉「溺れるナイフ」があり、読み始めたら、寝食を忘れる勢いで数日間で一気に17巻まで完走しました。

そして、ちょうど14日からジストシネマ御坊で上映がはじまるので、その勢いで映画の方も見てきました。




賛否いろいろあると思いますが、原作も映画も両方楽しめた事が良い経験となりましたね。

基本的に、映画を見る時は前情報をほとんど入れないのですが、こういう風にガッツリ予習していくパターンもアリだな、と思いました。


全編紀南ロケという事で、場所がわかる場面がたくさんあり、そこが大きなスクリーンに映し出されるのは、なんだか奇妙な気持ちになるものですね。  


Posted by スギーリトルバード at 10:33Comments(0)日記

2017年01月11日

ブリング ミー 笹。イフ ユー ゲット ビッグマネー。



当ブログをご覧の皆様、ご機嫌いかがでしょうか。今回もリラックスして最後までお楽しみ下さい。


薄っぺらな発言を堂々とドヤ顏でかましてくる奴も、どの方向からでも無理矢理に安倍政権批判にねじ込んでいこうとする奴も、前向きって言葉をはき違えてる奴も愛していこうスギーリトルバードです。愛は地球を救う。


十日戎に行ってきた。

私は、破天荒な人間だ、そうな風に誤解される。
そういう印象をもたれる事が本当に多い。


しかし、実際の私はパンクスでもアナーキストでもなく、レゲエでも芸術家肌でもなく、どちらかというと古いタイプの常識人で頑固で、長い物に巻かれるタイプで、割とステレオタイプな日本人で、型にはまっている。黙って言われた通り従っている内に殺される様な人間だ。

頭と口が悪くて、意地が悪いのだ。あとはツウぶったり、サブカルぶりたいだけ。


そういのとは関係ないのかも知れないが、私はよく験を担ぐ。

ライブの時にするルーティンなんかもある。
下着も決まっている。
日常的にライブをしているミュージシャンではないので、私にとってライブの日はハレの日なのだ。

神様も信じているし、仏様の教えも信じているし、私自身は熱心な信仰を持ってはいないが他の宗教に熱心な人も理解できる。そもそもは素晴らしいものだ。

一時期は、キリスト教に改宗しようかと考えていた。どの宗教でも良かったのだが。

心がとても苦しい時にすがるものがある、というのは良いな、とぼんやり考えていたのだ。





十日戎に行ってきた。

熊手を買った。

今年もどうぞよろしくお願いします。
と手を合わせてきた。

心も晴れるし頭もスッキリした。

これで昨年まったく売れなかったCDも売れるはず。

新しい音源も作る予定を立てた。
もうすぐスタジオに入る。  


Posted by スギーリトルバード at 21:18Comments(0)日記